初めてのお客様へ
About VisionPose

VisionPoseはディープラーニングによる推論・解析を行い、骨格検出を可能にする国産唯一のAI姿勢推定エンジンです(PoseEstimation)。
解析された骨格情報は様々な分野や用途で応用され、新しいサービスや今までにない機能を実現いたします。
また、本製品に用途制限はなく、一度の購入で永続的にご利用ができます。
※VisionPose、及びVisionPoseのロゴは、NEXT-SYSTEM Co.,Ltd.の登録商標です。

モーションキャプチャ

VTuberやMMD制作、ゲームキャラクターの動きなどの
エンターテインメント分野にも。

姿勢評価

スポーツやフィットネス等における運動・姿勢を
骨格情報を元に分析し、理想の姿勢や問題点を可視化します。

異常検知

定められた動作を行う工場等において、
異常状態を検知し、事故やミスを未然に防ぎます。

独自のAIエンジンで、環境を選ばない骨格検出が可能

スポーツ、医療・リハビリ、エンターテイメントなど、様々な分野で利用できます。
発売1年でシリーズ販売累計100社突破!

2020年5月22日時点集計

累計販売数
174
問い合せ数
861
業種別お問い合わせ
用途別お問い合わせ

トヨタ自動車のリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」にVisionPoseを提供

導入企業2020.2.21

エイベックスが手がけるダンススキル評価アプリ「Dance COMMUNE」にVisionPoseを提供

導入企業2020.1.21

導入手順

ご注文からセットアップまでの
全体の流れをご説明いたします。

FAQ

お客様から寄せられた
よくあるご質問をまとめています。

資料ダウンロード

本製品のカタログPDFを
ダウンロードできます。

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。

バージョン情報

Ver 1.5.1
2020.02.07設定項目を変更、動画解析ツールの名前を「VPAnalyzer」に変更、その他不具合修正。
Ver 1.5.0
2019.07.31C#向けDLL「VisionPoseWrapper.dll」を「VisionPoseCSharp.dll」に統合、その他不具合修正。
Ver 1.4.0
2019.05.27Windows(C++)・Linux(C++)インターフェース追加、マルチスレッド・マルチGPU推論機能追加、カメラインデックス指定機能追加、カメラレスモード機能追、その他不具合修正。
Ver 1.3.0
2019.02.27解析速度向上、背骨(SpineMid)の位置を調整、骨格表示時のボーン表示の仕様を変更、キャリブレーション作業の簡易化、その他不具合修正。
Ver 1.2.0
2018.12.14シングルカメラモード追加、 精度重視・速度重視の設定項目を追加、その他不具合修正。
Ver 1.1.0
2018.11.19動画・静止画解析用プログラム「VP Analyzer」を追加、その他不具合修正。
Ver 1.0.0
2018.11.01初版リリース※先行企業のみに提供
Ver 1.1.0
2020.04.23iOS/iPadOS Xcode11.4及びシミュレータ対応。VisionPoseモジュールの名前をEstimatorに変更。不具合対応。
Ver 1.0.2
2020.02.07iOS/iPadOS不具合対応。
2020.02.07Windows Unity設定項目を変更。動画解析ツールの名前を「VPAnalyzerForSingle3D.exe」に変更。不具合修正。
Ver 1.0.1
2019.11.08iOS/iPadOSXcode11.2対応。
2019.09.09Windows Unity不具合修正。
Ver 1.0.0
2019.10.28iOS/iPadOS初版リリース。
2019.08.30Windows Unity初版リリース。(※先行企業のみご提供)