発売1年でシリーズ販売累計100社突破!

2020.2.7 Ver 1.5.1 RELEASEVisionPose®

WEBカメラだけで実現できる、高精度AI骨格検出システム
PROMOTION VIDEO

VisionPose®とは

VisionPoseは、WEBカメラのみで複数人の骨格深度情報を検出可能な国内唯一のAIエンジンです。
ディープラーニング(AI)による推論・解析を行い、リアルタイム映像だけでなく動画・静止画からも解析可能です。
※VisionPose、及びVisionPoseのロゴは、NEXT-SYSTEM Co.,Ltd.の登録商標です。

発売1年でシリーズ販売累計100社突破!

用途制限なし、398,000円税抜

スポーツ、医療・リハビリ、エンターテイメントなど、様々な分野での動作解析などに利用できます。
用途制限なし、一度のライセンス購入で永続的に商用利用が可能です。ボリュームライセンスも提供しています。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。

お問い合わせ795
販売本数158
※2020年3月20日時点

業種別お問い合わせ数

産業
工場、建設、造船、製造業、自動車、交通
スポーツ
ダンス、野球、空手、ゴルフ、陸上、テニス
エンタメ
コンサート、舞台、ステージ、映画、アニメ、演劇、ゲーム、漫画、ゲームセンター、玩具
医療・リハビリ
疾患理解促進の研修、車椅子研究開発、医療系大学の研究室、病院における患者安全管理
研究・教育機関
大学の研究室(医療を含まない)
フィットネス・ヘルスケア
ヨガ、トレーニングジム、フィットネスジム、オフィス内ストレッチソリューション
飲食・小売
家電、寝具、コンビニ、外食、ベビー用品の開発研究
育児・介護
乳児見守りシステム、介護見守りシステム、高齢者向け運動療法アプリ
メディア
放送局向けソリューション
ロボット
コミュニケーションロボットを用いた店舗誘導
人材
面談の質向上、コミュニケーション傾向を分析
動物・ペット
畜産業、動物研究
セキュリティ
防犯カメラ、搭乗ゲート

用途別お問い合わせ数

姿勢評価
姿勢チェック、フォームチェック
モーションキャプチャ
Vチューバー配信、3Dキャラクターを動かす用途
異常検知
事故防止(作業者の作業モニタリング)、品質担保(検査漏れ検出)、危険動作検出、動物の異常検知、不正利用、見守りシステムなど、正常なデータに属さないデータを抽出
動作評価
時系列データが必要そうなもの。コミュニケーションロボットを用いた店舗誘導、人流計測(姿勢の解析がいるもの)
演出
舞台演出,ライブ演出,ステージ演出
ジェスチャーUI
ジェスチャーで操作、遠隔操作、遠隔接客
データ収集
骨格データの収集
コンテンツ制作の効率化
CGキャラクター制作の効率化
技能継承
作業者のノウハウ(作業動作・視線などの軌跡)の継承

最新事例 Pickup

他社製品との性能比較

3D推論
追加学習
教師データ作成
全身骨格数
関節追加
検出人数
他社製品A
×
15,18,25
記載なし
記載なし
他社製品B
×
×
×
記載なし
記載なし
記載なし
VisionPose
※1
30
上限なし

※1 GUIベースのアノテーションツールで教師データを作成。

オプション

リリースノート

Ver 1.5.12020.2.7
設定項目を変更、動画解析ツールの名前を「VPAnalyzer」に変更、その他不具合修正。
Ver 1.5.02019.7.31
C#向けDLL「VisionPoseWrapper.dll」を「VisionPoseCSharp.dll」に統合、その他不具合修正。
Ver 1.4.02019.5.27
Windows(C++)・Linux(C++)インターフェース追加、マルチスレッド・マルチGPU推論機能追加、カメラインデックス指定機能追加、カメラレスモード機能追、その他不具合修正。
Ver 1.3.02019.2.27
解析速度向上、背骨(SpineMid)の位置を調整、骨格表示時のボーン表示の仕様を変更、キャリブレーション作業の簡易化、その他不具合修正。
Ver 1.2.02018.12.14
シングルカメラモード追加、 精度重視・速度重視の設定項目を追加、その他不具合修正。
Ver 1.1.02018.11.19
本製品に、動画・静止画解析用プログラム「VP Analyzer」を追加、その他不具合修正。
Ver 1.0.02018.11.1
初版リリース※先行企業のみに提供

VisionPose ニュース