VPエリア内異常検知アプリケーション

VPエリア内異常検知アプリケーション

i-PRO製AIネットワークカメラを使用して、指定エリアへの侵入を検知。
危険行動などの異常を検知して、注意喚起や事故防止をサポートします。

「VPエリア内異常検知アプリケーション(※1)」はネクストシステムが独自開発した姿勢推定AIエンジン「VisionPose」(※2)を利用し骨格情報を取得することで、体の部位が指定したエリア内に侵入した際に、アラート通知が可能な、i-PRO製AIネットワークカメラ専用の機能拡張アプリケーションです。

本製品は、従来の監視・防犯カメラでは難しかった、幼児が1人で高くて危ない場所に登ろうとしている時や、工場内で高熱な機器、高圧電流が流れる機器、モーターの駆動部など危険な箇所に作業者が手を伸ばそうとしている時、美術品に来館者が手を触れようとしている時など、体の細かな部位単位での異常検出が可能になり、予期せぬ事故の防止やセキュリティ対策に活用いただけます。

また、i-PRO製監視映像システムと連携することで証拠映像の確認やメールでのリアルタイム通知も可能です。

  • ※1 本製品をご使用になる場合は、別途i-PRO製AIネットワークカメラとAIプロセッサー解除ライセンス(WV-XLE001W)が必要となります。
  • ※2 VisionPose、及びVisionPoseロゴは、NEXT-SYSTEM co.,Ltd.の登録商標です。

特長

体のパーツ単位で検知し、事件・事故の未然防止

本アプリケーションは指定した体のパーツ単位(例:手先や足先等)で、エリア内への侵入を検知し、アラートを発信します。エリアの設定はPC上でクリックするだけなので、簡単に設定できます。エリア設定と異常検知の流れ

i-PRO製監視映像システムとの連携

本アプリケーションが搭載されたi-PROネットワークカメラと監視映像システムのネットワークディスクレコーダー(WJ-NXシリーズ)をアラーム連携することで、リアルタイムでの異常検知と証拠映像の録画・検索が可能です。さらに、映像監視ソフトウェア(WV-ASM300)を組み合わせることで本部側からの遠隔監視が可能なため、問題発生時に迅速に対応できます。

flow

エリア設定と異常検知の流れ

1.検出エリアを設定

検出エリアを設定

(1)カメラ映像範囲内で検出エリアを設定します。(2)検知したい部位を設定します(例:手首)

2.エリア内の侵入検知

エリア内の侵入検知

(3)設定した部位がエリア内に侵入するとステータスが警告状態に移行します。

3.異常状態に移行

異常状態に移行

(4)設定した検知猶予(例:3秒)を超えた場合、ステータスが異常状態に移行します。また、画面上にメッセージが表示されます。

導入事例

美術館や博物館など

来館者が美術品等に手が触れそうになるとアラートを発報。

美術館や博物館など

保育園や幼稚園など

お子様が危険な場所に侵入したり、触ると危ないエリアに手が侵入した場合にアラートを発報。

保育園や幼稚園など

作業現場や製造業など

危険度が高い産業機器などの危険エリアに近づいたり、体の部位が侵入した場合にアラートを発報。

作業現場や製造業など
※赤枠は指定エリアのイメージです。実際の映像には表示されません。

製品仕様

本アプリケーションの対象機種

搭載可能なi-PRO製AIネットワークカメラ【フルHD解像度モデル】

WV-X1534LNJ

WV-X1534LNJ

WV-X2232LJ

WV-X2232LJ

WV-X2533LNJ

WV-X2533LNJ

WV-X2571LNJ(4Kカメラ)

WV-X2571LNJ(4Kカメラ)

WV-X1571LNJ(4Kカメラ)

WV-X1571LNJ(4Kカメラ)
お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。