スポーツ分野でのフォーム解析や採点評価に活用

理想のフォームをデータ化、ズレを可視化してフォーム修正を効率的に。

スポーツ分野における姿勢評価は、野球、ゴルフ、バドミントン、空手、テニス、陸上、弓道、バスケットボール、ダンス、ヨガ、他など多くの種目で活用できます。例えば、野球やゴルフ、テニスなどのフォームが重要なスポーツは、プロ選手などの理想のフォームと練習時のフォームを骨格データを使って比較することで、ズレを可視化してフォームの修正点が明確になり、効率的な修正が可能です。

さまざまなスポーツの姿勢推定

野球[0:05~]、ゴルフ[0:17~]、バドミントン[0:36~]、空手[0:55~]、テニス[1:09~]、陸上[1:22~]、ボクシング[1:25~]、弓道[1:41~]、バスケットボール[1:51~]、サッカー[2:01~]、砲丸投げ[2:13~]、ダンス、その他[2:29~]

時系列データでスポーツ動作を検出

・ゴルフ[0:01~]
・野球[0:07~]
・弓道[0:25~]

少年野球選手の投球動作と投球障害の関連性を導くことにVisionPoseを利用

4,000人以上の野球選手のデータベースを解析して、投球動作と投球障害の関連性を導くためにVisionPoseをご利用いただきました。
導入事例の詳細情報

2次元/3次元ビデオ動作解析システムFrame-DIAS 6 AIデジタイズ機能でVisionPoseを活用

導入事例の詳細情報

AIで自動採点することで、評価基準を標準化・業務の効率UP

スポーツ分野の姿勢評価は採点・評価の補助としても活用できます。例えばダンスやフィギュアスケート、体操競技などを評価する場合は審判の目に判定が委ねられますが、判定基準は個々によって微妙に異なる上に、ミスもありえます。VisionPoseを導入し人為的なミスを防ぐことで、より公平なジャッジが期待できます。

動画解析によるダンス技術のスコア評価を実現したアプリ
「エイベックス・ストリートダンス検定」にVisionPoseを搭載

これまで定性的にしか評価出来なかったダンススキルの定量評価を行うため、ダンス特有の動きを捉え、必要な骨格を素早く高精度に検出できるソリューションとしてVisionPoseを活用。
導入事例の詳細情報

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。