医療・リハビリの動作検証

  1. TOP
  2. 事例紹介
  3. 医療・リハビリの動作検証

医療現場や介護施設のリハビリやヘルスケア分野に

VisionPoseは食事シーンなど座った状態でも骨格情報を検出することが可能です。
例えばリハビリやヘルスケアを目的とした体を使ったミニゲームなどにもご利用いただけます。
リハビリに励む患者にご利用いただき、そのデータをわかりやすく提示することで、今後のプランに役立てたり、利用者の意欲向上に期待ができます。

また、ベッドに横たわった状態や車椅子に座った状態でもボーン検出が可能なため、患者に負担をかけることなくデータを取得できます。動作や姿勢を検知しデータを蓄積することは、医療機器や車椅子など、さまざまな分野の開発や研究で、今後どのように改善に努めていくかのヒントを得るための重要な参考資料となることでしょう。

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。

トヨタ自動車のリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」にVisionPoseを提供

導入企業2020.2.21

エイベックスが手がけるダンススキル評価アプリ「Dance COMMUNE」にVisionPoseを提供

導入企業2020.1.21