カメラ1つで3D解析

  1. TOP
  2. 特長・機能
  3. カメラ1つで3D解析

Single 3D
モーションキャプチャ用途にカメラ1台で3D推論!
より手軽な「VisionPose Single3D」が誕生しました。

骨格情報の検出箇所は2Dで最大30ポイント、3Dで最大17ポイントです。

スマートフォンで全身をモーションキャプチャし、3Dキャラクターに反映。カメラ1つで骨格座標を3D解析しています。

Single3Dは当社が提供するVisionPoseシリーズの1つであり、WEBカメラとAI(ディープラーニング)を利用して人間の骨格座標を検出するシステムです。 同シリーズのVisionPoseと比べると、カメラ1つで3D座標の検出が可能なため、より手軽な利用が可能です。 カメラ1台しか用意できないケースや、スマートフォンへの搭載時などにオススメです。

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。

トヨタ自動車のリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」にVisionPoseを提供

導入企業2020.2.21

エイベックスが手がけるダンススキル評価アプリ「Dance COMMUNE」にVisionPoseを提供

導入企業2020.1.21