バイク足つき性判定シミュレーション

足つき性判定アプリ

バイク足つき性判定アプリケーションとは

AIで手足の長さを算出し、路面への足の接地度合い(足つき性)を判定

バイクに跨がった際に、路面にどのように足が接地しているかを「足つき」と表現し、一般的には「足つき」が良いほどバイクに親しみやすく乗りやすいと言われています。画像や写真からAI(VisionPose)で骨格情報を推定し、手足の長さを算出することでバイクに跨った際の足つき性が数値で算出できるため、バイク購入前の参考情報として利用できます。

バイクのフィッティングイメージが3DCGで購入前にシミュレーションできる

AI(VisionPose)で取得した身体情報をもとに、自分の体型に合わせた人体3DCGモデルを生成し、バイクに跨った場合のイメージをシミュレーションできます。自分にフィットするバイクを店頭に行く前にアプリ上で楽しみながら確認できます。

アプリケーション操作方法

お客様の基本データを入力
FLOW
01

お客様の基本データを入力

身長、体重、年齢、性別をあらかじめ入力します。ログインの必要はありません。
カメラ撮影で骨格推定
FLOW
02

カメラ撮影で骨格推定

カメラで全身が写るように撮影するとAI(VisionPose)が骨格を推定します。
測定結果を表示
FLOW
03

対象部位(足、腕)の長さを算出

AI(VisionPose)の情報から足や腕など対象部位の長さを算出します。測定結果は人体3DCGモデルで視覚的に表示されます。
バイクを選択
FLOW
04

バイクを選択

本田技研株式会社のさまざまなバイクを選択できます。
足つき率を算出
FLOW
05

バイクをフィッティング

バイクに跨った際の足つき適合率を、3DCGのイメージと共に表示します。拡大や回転も可能なため、360度しっかり確認できます。また横画面での表示も可能です。

※本アプリケーションには本田技研工業株式会社の技術(特許出願番号:PCT/JP2020/049064および、PCT/JP2020/049065)が利用されています。

自転車や椅子、ソファーなど。バイク以外にも広がる応用範囲

バイク以外にも広がる応用範囲
座面43cmと48cmでの足のつき方の違い

本アプリではバイクを例として採用していますが、足つき性が算出できることで他にも以下のような応用が見込まれます。

  • 自転車に跨った場合の姿勢や足つき具合のシミュレーション
  • 椅子に座った場合の姿勢や足つき具合のシミュレーション
  • ソファーに座った場合の姿勢や足つき具合のシミュレーション
  • 車のシートに座った際の姿勢や足つき具合のシミュレーション

一般ユーザー様向けのアプリとしてだけでなく、製品の研究開発者向けのテスト用アプリとしてもご活用いただけます。
お気軽にご相談ください。

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。