ネットワーク(IP)カメラ対応

  1. TOP
  2. 特長・機能
  3. ネットワーク(IP)カメラ対応

Standard
ネットワーク(IP)カメラに対応。
店舗内の混雑判断などコロナ禍での密検出が可能に。

飲食店等の混雑判断に使えそうな密検出システムのデモを作成しました。骨格情報のみ扱うことでプライバシー保護の観点からも安心です。

VisionPose Standardがver1.6.0よりネットワーク(IP)カメラに対応しました。

PC本体やUSB接続が不要なネットワーク(IP)カメラは、インターネットによるアクセスにより、
PCだけでなくスマートフォンやタブレット等のモバイル端末からもモニタリングが可能です。
また、複数台のネットワークカメラの映像をクラウドで保存したり、運用管理の一元化が容易となるため、
従来のWEBカメラ方式に代わり、近年の防犯システムや監視カメラなどを中心に利用されるケースが増えています。

VisionPose ver1.6.0(※1)へのアップデートにより、ネットワークカメラを制御する、
Real Time Streaming Protocol(リアルタイム・ストリーミング・プロトコル、略称:RTSP)を含めたVideoStreamに対応しました。
Webカメラでは実現できなかったアプリケーション開発の幅が広がり、様々な用途での活用ができます。
※1 VisionPose Standard のみ。未対応のネットワークカメラもあります。

ネットワークカメラを活用した開発事例

密検出システムデモイメージ(プライバシー保護のため骨格情報のみ表示)

密検出のデモイメージです。プライバシー保護の観点から、骨格情報のみの表示も可能です。

  1. 店舗来店時の人数やグループ構成のチェック
  2. フロアの混雑判断(密検出)
  3. 乳幼児の見守り
  4. 万引き、不審者の監視

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。