エッジデバイス向け姿勢推定AI

エッジデバイス向け姿勢推定AI

エッジデバイス向け姿勢推定AI VisionPoseシリーズ

エッジデバイス向け姿勢推定AI VisionPoseシリーズ

Jetson Nano・Jetson AGX Xavier・Jetson Xavier NX

エッジAIとは?

エッジAIとは、自動車やカメラ、ドローンなど利用者に近い端末(エッジデバイス)で画像解析等を行うAI技術です。
従来はAIの膨大な計算処理を行うためにインターネットを介してクラウド上で処理をしたり、取得した情報をクラウド上で保存をすることが一般的でした。

しかし、クラウドへの通信が発生することでリアルタイム性が損なわれたり、クラウドにデータを置くことによるセキュリティリスクが発生するなどの課題があります。

そこでハードウェアの性能進化と共に近年注目されている技術が、エッジAIです。 近年のハードウェアの進化によりAIの膨大な計算処理を現場のデバイス上で迅速に処理できるようになりました。

リアルタイム性を必要とするデータ、セキュリティ上クラウドに上げたくないデータなどはエッジデバイス上で処理し、必要なデータだけをクラウド上にあげるなど、エッジデバイスとクラウド間での役割分担を行うことで最適化することも可能です。
当社では人間の動作を検出する目的でご利用いただける、エッジデバイス上で動作可能な、姿勢推定向けAIエンジン「VisionPose」をエッジAIとして提供しています。

エッジAIを利用する利点

  • リアルタイム

    リアルタイム

    現場に最も近い端末で解析するため、通信の必要がなくその場で処理できます。

  • 経済的

    経済的

    端末で収集したデータをクラウドに送る場合も、選別することで送るデータ量を抑え、通信コストを節約できます。高価なGPUも不要なため、端末コストが抑えられます。

  • プライバシー保護

    プライバシー保護

    映像などの個人情報をクラウド上に送らず端末内でのみ処理に留めておいたり、その場で映像の破棄も可能なため、プライバシー保護の観点からも安心です。

  • オフライン利用

    オフライン利用

    インターネット環境がなくてもスタンドアローンで動作できるため環境に依存しません。

  • 省スペース

    省スペース

    小型であるためどんな場所でも使いやすく簡単に配置できます。

  • 負荷分散

    負荷分散

    エッジデバイスを複数台で利用する場合並列化して処理することで1台の機器にかかる負荷を分散できます。

PRODUCT

姿勢推定を手軽に行いたい方向けの安価なスターターキット

VisionPose Nano

─Jetson Nano

※こちらの製品は研究開発及び、VisionPose評価用での使用を目的とし、商用のご利用はできません。

VisionPose Nano

VisionPose Nanoは姿勢推定技術を小型エッジデバイス上で動かすことで、より手軽にご利用いただけるようにしたAI姿勢推定用プラットフォームです。 従来のAI姿勢推定システムは、深度センサ付きカメラを利用したシステムと比べて、 さまざまな環境に利用しやすい反面、AIの膨大な計算処理を行うためにハイスペックなPCの用意が必要でした。
さらに姿勢推定用のソフトウェア費と合わせると、初期投資の負担が大きく、導入しづらさが課題として存在しました。
そこでVisionPose Nanoでは、NVIDIA社のAI深層学習向けの極小ハードウェア『Jetson Nano』に、 当社独自開発のAI姿勢推定エンジンである『VisionPose』を搭載し、またすぐにご活用いただけるように サンプルアプリケーションを標準搭載しました。
この結果、大幅なサイズ・プライスダウンを実現し、AI姿勢推定用プラットフォーム としては最安値である、ハードウェア込み98,000円(税込:107,800円)でご提供が可能になりました。
  • checkicon

    ハード付属で98,000円(税込:107,800円)
    高額な初期投資はなし
  • checkicon

    面倒なセットアップやインストールの必要なし
  • checkicon

    検出箇所は業界最多の30ポイント
  • checkicon

    骨格情報をCSV形式で書き出せる

こんな方におすすめ

  • 姿勢推定を手軽に行いたい方
  • 研究用に姿勢データを利用したい方
  • 開発目的ではない方
  • プログラミングが苦手な方
  • 安価に姿勢推定を試したい方
  • 3D座標の取得が必要ない方

もっと高機能な姿勢推定エンジンを使いたい方向け開発用SDK

VisionPose Standard

─Jetson AGX Xavier
─Jetson Xavier NX

VisionPose Standard

VisionPose Standardは姿勢推定利用した開発を行う方向けに開発されたSDK製品です。 NVIDIA社のAI深層学習向けの小型エッジデバイスである「Jetson AGX Xavier」「Jetson Xavier NX」での動作が可能です。
VisionPose Nanoと異なる点として、2D座標だけでなくカメラ2台利用することで3D座標の検出ができます。
また、商用での開発にご利用いただけるため幅広い用途でご利用いただけます。 Jetsonのほか、Windows 10(C#、C++)、Linux(Ubuntu)で利用可能です。
  • checkicon

    カメラ0台~2台で利用できる
  • checkicon

    商用利用可能
  • checkicon

    2D/3Dで最大30ポイントの検出
  • checkicon

    Jetson AGX Xavier、Jetson Xavier NX、Windows(C#・C++)、Linux(C++)に対応

こんな方におすすめ

  • 商用開発に利用したい方
  • 3D座標を取得したい方

全てのシリーズについてくる
2つのツール・アプリケーション

01

VP Analyzer

動画から骨格情報を検出

お手持ちの動画や静止画から2D座標での姿勢推定(Pose Estimation)が可能です。
検出した骨格情報を可視化し出力できます。

利用できる静止画ファイル

[入力] JPG・PNG・BMP
[出力] JPG・PNG

利用できる動画ファイル

[入力] AVI・MP4・WMV・MOV
[出力] AVI

02

BodyAndColor

カメラ映像から骨格情報を可視化

リアルタイムで骨格情報の可視化を行い、映像上に骨格情報を表示できます。
※リアルタイム性能は約4FPSです。

BodyAndColor操作時のイメージ

BodyAndColor操作時のイメージ

CSVアイコン

どのアプリケーションもCSV形式でデータの書き出しが可能!

データを整形して分析用途や、モーションデータとしてご利用できます

姿勢推定エッジAI利用用途

VisionPoseのエッジデバイスシリーズを利用いただくと、商用ロボット、ドローンなどの自律動作マシンや、医療機器、スマートカメラ、 AIロボット開発や工場システムなどIoT×AIの人物検出を伴う開発にご利用いただけます。
ネットワーク環境がない場所でも利用できるため、工場内や建設現場、イベント会場など公共施設でも活用可能です。

また近年のエッジAI市場では「リアル店舗」でのデータ活用にも利用されており、通常レジのPOS情報からは確認できなかった、来店客が商品を選ぶ過程を追跡することで、小売店のデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しする試みが増加傾向にあります。

  • Case 01

    ドローンなど自律ロボットが自律走行する際の衝突回避など

    ドローンなど自律ロボットが自律走行する際の衝突回避など

  • Case 02

    工場作業の姿勢負荷の可視化

    工場作業の姿勢負荷の可視化

  • Case 03

    小売店などのユーザー行動データ収集

    リアル店舗でのユーザー行動解析

  • Case 04

    モーションデータ素材として

    モーションデータ素材として

  • Case 05

    スポーツなどのリアルタイムデータ研究

    スポーツなどのリアルタイムデータ研究

  • Case 06

    転倒検知

    急病人検知、転倒検知

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。