リアルタイム3D骨格検出

  1. TOP
  2. 特長・機能
  3. リアルタイム3D骨格検出

StandardSingle 3DNano
リアルタイムで3D骨格情報を検出できる、AI姿勢推定エンジン

VisionPoseを含めた3つの骨格検出システムでリアルタイム検出の精度を比較してみました。
※精度比較のため、性能差による遅延をなくしてます。

左:既存の深度センサ/右:VisionPose
既存の深度センサ付きカメラでは認識が難しい屋外でのリアルタイム精度比較動画です。

左:既存の深度センサ/右:VisionPose
既存の深度センサ付きカメラとリアルタイムでの姿勢推定を比較しました。従来の深度センサ付きカメラでネックだった、クロスの動作や足の検出などに強い傾向があります。

姿勢推定(Pose Estimation)とは動画、画像から人物や動物の姿勢をマーカーレスで推定するAI技術です。VisionPoseでは赤外線などによる深度センサつきカメラを利用せず、WEBカメラのみで深度を加味したリアルタイムな骨格検出が可能です。
ご購入頂いたVisionPoseは下記アプリが付属していますので、お買い上げ頂いてからすぐにご利用頂くことが可能です。

  1. WEBカメラの映像からリアルタイムに人物の骨格情報の可視化ができるサンプルアプリケーション「BodyAndColor」
  2. 動画・静止画から骨格検出ができるアプリ「VP Analyzer」

赤外線センサ付きカメラによくあるデメリット

赤外線による深度センサは、下記のようなデメリット(※2018年現在調べ)がいくつかありますが、
VisionPoseはそれらの課題を解決し、従来では実現が難しかった様々なユースケースへの対応が可能となりました。

  1. 正面の骨格しかとれず、背面を認識すると正面として誤認識してしまう。
  2. 正面から背面へ切り替わるタイミングで左右の逆転が起こり、真横からの視点で骨格が乱れてしまう。
  3. 真上から骨格がとれない。
  4. 赤外線によるDepthマップのみの認識(カラーを使わない)のため、障害物と人の区別がつきづらく、体の一部が隠れたりモノを持つ動作に弱い。
  5. 赤外線のため屋外の認識が難しい。
  6. 赤外線を吸収する服装などに弱い。…など。

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。