モーションキャプチャ

  1. TOP
  2. 事例紹介
  3. モーションキャプチャ

VTuberやMMD制作、ゲームキャラクターの動きなどの
エンターテインメント分野に活用

体の動きを3DCGキャラクターに反映するなど、モーションキャプチャのような使い方も可能です。
通常、モーションキャプチャを行う際はカメラを複数台用意し、対象にデバイスを装着する必要がありますが、VisionPoseは特別なデバイスを体には一切装着する必要はありません。

また、VisionPose Single3Dを利用すると、カメラ1台で全身をモーションキャプチャすることも可能です。上記のデモ動画ではスマートフォンのカメラを通して被写体の骨格をリアルタイムに検出し、キャラクターに動きを反映させました。現在も、より良い動作向上のため開発を進めています。


お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。

トヨタ自動車のリハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」にVisionPoseを提供

導入企業2020.2.21

エイベックスが手がけるダンススキル評価アプリ「Dance COMMUNE」にVisionPoseを提供

導入企業2020.1.21