工場等の作業現場での作業チェックや事故防止への活用

人の流れや動作から異常を検知、人為的事故や店舗の万引きなどを未然に防ぐ

例えば、多くの機械を扱う工場の現場では常に危険がつきまとい、単調作業の多い現場では人為的ミスを完全に「0」にすることは容易ではありません。そのような場合はVisionPoseで人の流れや動作をチェックし、その様子を学習させることで、品質の向上や危機管理(リスクマネージメント)に役立てることが可能です。

また、防犯カメラ(監視カメラ)にVisionPoseを組み込むことも可能です。通常、静的なデータでは「寝ている」と「倒れている」状態の判断ができませんが、時系列データを利用すると、「立ち姿 → 寝姿 = 倒れている」のように因果関係から急病人の判断できます。他にも、怪しい動作をしている人物の検出や、無人レジの人物チェックなどにもご利用いただけます。

VPエリア内異常検知アプリケーション

体の部位が指定したエリア内に侵入した際に、アラート通知が可能な、i-PRO製AIネットワークカメラ専用の機能拡張アプリケーションです。従来の監視・防犯カメラでは難しかった、体の細かな部位単位での異常検出が可能になり、予期せぬ事故の防止やセキュリティ対策に活用いただけます。
アプリケーション詳細情報

VP1人作業検知アプリケーション

製造現場、サーバールーム、薬品工場、金庫、倉庫など、事件事故を防止するために、必ず複数名での作業規定があるにも関わらず1人で作業を行っている場合の検知が可能なアプリケーションです。予期せぬ事故や防犯対策に利用できます。パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社が開発するi-PRO製AIネットワークカメラの機能拡張ソフトウェアの1つとして販売しています。
アプリケーション詳細情報

工場の監督業務

工場で働いているシーンを想定したデモ動画です。足元を隠した状態で座って作業したり、立って作業したりと様々なケースを想定して撮ってます。※動画の数字はカメラからの距離を表しています(m単位)

防犯カメラ視点での姿勢推定

防犯カメラ視点でWEBカメラを設置し、VisionPoseを利用した場合、人物の骨格がどのくらい検出可能か検証しました。

時系列データで急病人検知

時系列データに対応し、特定動作を検出するデモ動画です。静的データのみで寝姿を見ると「寝ている状態」なのか、「倒れている状態」なのか姿勢だけで判別することは難しいですが、時系列データに対応すると「立ち姿 → 寝姿 = 倒れている」というように因果関係から判断が可能です。

時系列データで作業動作を検出

時系列データでPick(拾う)動作を検出しました。

NECソリューションイノベータの顔認証パッケージソフトウェア NeoFace KAOATO においてVisionPoseを使用

導入事例の詳細情報

お見積もり・開発のご相談など

ご購入・お見積もり、開発のご相談やご不明な点がありましたら、気軽にお問い合わせください。
※現在、法人のお客様のみの販売・ご提供となります。ご了承ください。