手のひらサイズのPCでAI骨格検出!?安価で操作簡単なプラットフォームVisionPose Nanoとは?

シェアする?

弊社は、AIで人間の骨格を検出できるAI骨格検出エンジン「VisionPose」(VisionPoseについての詳しい記事はこちら)を販売しているソフトウェア開発会社です。同シリーズは発売から約1年で150社を超える企業に導入いただいています。

この記事ではシリーズの1つである『VisionPose Nano』がそもそもどういった製品なのか、普通のVisionPoseと何が違うのか。その違いについて今回は紹介していこうと思います。

その前にVisionPoseって何?

骨格検出

まずはじめにVisionPoseとは、弊社が開発したWebカメラのみで複数人の骨格深度情報を検出可能な国内唯一のAI骨格検出エンジンです。

ディープラーニング(AI)による推論・解析を行い、リアルタイム映像だけでなく動画・静止画からも解析できます。

VisionPose Nanoの特徴は?

ハード付属で98,000円(税抜)。初期投資のハードルが低い!

サイズダウン

VisionPose Nanoは、NVIDIA社のAI深層学習向けの極小ハードウェア『Jetson Nano』に、弊社独自開発のAI骨格検出エンジンである『VisionPose』を搭載したAI骨格検出用プラットフォームです。
また届いてすぐにご利用いただけるように2種類の骨格検出用アプリを標準で搭載しました。

この結果、大幅なサイズ・プライスダウンを実現し、AI骨格検出用プラットフォームとしては最安値である、ハードウェア込み98,000円(税抜)でご提供が可能になりました。

※本体とソフトウェア含めたパッケージ全体をVisionPose Nanoとして呼称しています。

セットアップやインストールの必要がない

セットアップ必要なし

製品発送時に、予め骨格検出用アプリをプリインストールして提供するため面倒なセットアップやインストールの必要がありません。

検出箇所は業界最多の30キーポイント!
簡単に骨格情報をCSV形式で書き出せる。

体の部位

VisionPose Nanoは、体の各部位の関節(25箇所)と顔パーツ(5箇所)の合計30箇所の骨格情報を2D座標で検出できます。
また取得したデータはCSV形式で書き出すことができます。

こんだけお手軽なのにデメリットはないの?

PC含めて約10万円でディープラーニング(AI)を利用した骨格検出が気軽に試せるとあって需要が伸びてきていますが、
1つご注意いただきたいことが。VisionPose Nanoは研究開発やVisionPose評価用での使用が目的であるお客様向けの製品であるため、商用利用をお考えの場合はご利用いただけません。

もともと「研究や開発のために骨格情報を取得したいけれどAI骨格検出エンジンを導入するには高スペックなPCが必要だったりと、導入ハードルが高めで手を出しにくい・・・」というようなお悩みに答えた製品がVisionPose Nanoなのです!

そのため一度VisionPose Nanoでの骨格検出をお試しいただいてから、問題なさそうでしたらVisionPose StandardやSingle3Dなどの開発エンジンをご検討いただくことをおすすめします。

さまざまな場面での活用

VisionPose Nanoの具体的な利用場面としては以下のようなものがあげられます。

AI教材として

講義

学生・向けの教材として、手軽なAI骨格検出技術のご提供。

モーションデータ素材として

ロボット

モーションを利用した作品制作に。

研究用素材として

研究

CSVデータを活用して、分析に利用。

具体的にどんな機能がついてるの?

VisionPose Nanoには主に2つの機能がインストールされています。(2020年4月8日時点)

VP Analyzer


動画・静止画から骨格情報を検出。

お手持ちの動画や静止画から2D座標での骨格検出が可能です。
検出した骨格情報を可視化し出力できます。

利用できる静止画ファイル

[入力] JPG・PNG・BMP[出力] JPG・PNG

 利用できる動画ファイル

[入力] AVI・MP4・WMV・MOV [出力] AVI

BodyAndColor


カメラ映像から骨格情報を可視化。

リアルタイムで骨格情報の可視化を行い、映像上に骨格情報を表示できます。
※リアルタイム性能は約4FPSです。

ボーン検出

また、2020年3月18日 より、『高速化版 BodyAndColor(β)』を試験的に提供しています。軽量・高速化施策により、処理能力が従来の6倍以上にアップしました。(従来のBodyAndColorも付属しています)

カメラから取得した骨格情報を2D座標(22箇所)で可視化し映像上に表示できます。検出した骨格データはCSV形式で出力することも可能です。
※リアルタイム性能は25FPSです。

パッケージ内容

本製品のご提供内容

【ハードウェア】

  • Jetson Nano本体
  • ACアダプター
  • ファン
  • 128GB microSDカード
  • Webカメラ(2種)

【ソフトウェア】

  • VisionPoseエンジン
  • VP Analyzer
  • BodyAndColor
  • 高速化版 BodyAndColor(β)

※数量限定でWebカメラ2種をご用意します。(通常カメラと広角カメラ)

※キャンペーンの広角カメラは在庫がなくなり次第終了いたします。

※ファンとSDカードは本体に組み込んだ状態でお届けいたします。

※モニター、キーボード、マウス、HDMIケーブルは同梱しません。

※ご購入いただいた付属のJetson Nanoでのみ動作します。

※OSはLinuxです(Ubuntu)。

※こちらの製品は研究開発及び、VisionPose評価用での使用を目的し、商用のご利用はできません。

VisionPose Nanoの出荷準備を行う新入社員の感想

作業中

VisionPose Nanoはとても軽いんですが、丈夫なアクリル板で覆われているので耐久性もあります。ちなみに組み立てからセットアップ完了まで約2時間弱かかけて出荷準備を行っていますが、それらの作業は全て発送までに終わらせてからお客様にお渡ししています。そのため起動したら初心者の方でもすぐに使っていただけると思いますよ。

以下実際に起動してみました。

VisionPose Nanoを実際に起動してみた

まず、VisionPose Nanoを起動した画面がこちらです。

あとはUSBなどから画像を取り出し、VP Analyzer上に骨格検出したい画像や動画をドラッグ&ドロップすれば、

画像検出

このような形でVisionPose Nanoがボーンを検出してくれます!!

また、VisionPose NanoにWebカメラを取り付けBodyAndColorをクリックすると、

ボーン検出

このようにカメラで映った人のボーンを検出してくれます。

とにかくクリックしてからの検出も一瞬です。

本当に無駄なセットアップは一切なし!最低限マウス、キーボード、モニター、HDMIケーブルさえあればどこでも使えますね。

まとめ

従来だと、ディープラーニング(AI)を利用した骨格検出システムを利用するには、VisionPoseに限らず高スペックなPCが必要であったりと初期投資にそれなりの費用がかかる場合がありました。特に予算が限られている企業や大学の研究機関にとっては一度試しておきたいというケースも多いかと思います。

しかし今回それらのデメリットを全て解消したプロダクトがこのVisionPose Nanoです。

他のVisionPoseシリーズと違い商用利用はできませんが、AI骨格検出技術を試したかったけれど試しづらかったという理由で導入できなかったAI学習者や研究者にとっての助けとなることを願っています。

これからもネクストシステムは日本の先端技術の発展に貢献していけるよう開発を進めてまいります。 

『VisionPose NanoのWEBサイトはこちらから↓』

Webカメラで人間の骨格を検出するシステム『VisionPose(ビジョンポーズ)』シリーズから、より手軽に骨格情報を検出できるプラットフォーム『VisionPose Nano』がハード込み98,000円(税抜)で新登場。カメラ映像、または静止画・動画ファイルからAI(ディープラーニング)で測定データを書き出せます。

トップへ戻る