ARを使って絵が下手な人でも絵が上手くなるシステム

GoogleのARフレームワーク『Tango(サポート終了)』を使って作成された誰でも簡単に絵が上手く描けるARシステムのデモ動画です。

お手本になる絵の線を空間上に配置し、その線をなぞることによってお手本のような絵を描くことができます。
「お店の前に素敵な看板を出したいけど、絵が下手で描けない」
「授業で黒板に絵を描いて生徒に説明したいけど、絵が下手で上手く伝わらない」
など、様々なケースで利用することが可能です。