ARを使った浸水シミュレーション

会社の周辺が1メートル浸水した場合の浸水イメージを、最新のiPad ProとAR技術を使って撮影しました。

最新のAR技術を使った浸水シミュレーションのARアプリです。
最新のiPad Pro のLiDARを使い、周辺をリアルタイムに3次元スキャンし、
周辺の建物形状を立体的に認識したうえで、浸水イメージをシミュレーションしています。

浸水の深さはアプリからcm単位で設定可能で、浸水が30cmになった場合や1mになった場合など、
どのように水が浸水するかをリアルタイムに確認可能です。
水のイメージも透明な水だけでなく、泥水のイメージに切り替えて確認することが可能になっています。

当ARアプリ活用するとこで、自分の家や商店にどのくらいの水が入ってきた場合、
実際にどんなイメージになるのか何がどの程度まで浸水するのかが視覚的に分かりますので、
事前の安全確保や商品・家財などを安全な場所へ移動するなどに役立てることが可能になってきます。