超高齢化社会を最新AI✕IoTが支援

様々な課題

プロモーション映像

CASE-01

最新のAI✕IoT =
人手不足解消

介護の現場で、最新のAI✕IoTが幅広く支援

骨格検知技術で見守り、大きな事故を未然に防ぐ安心の現場へ

これからの課題点

  • 将来的に、今よりも労働者の確保が難しくなり、高齢者の数も増えることが予想される。
  • 労働者のサポートに導入されるロボットは購入費用やメンテナンス費用が非常に高額で負担が大きい。
CASE-01
AIが介護現場の作業を代わりに行い、労働者の作業負担を減らす
AIが正確な情報でミスをなくす

Case Study

CASE-02

最新のAI✕IoT =
高齢者の自立支援

あなたの健康年齢を最新のAI✕IoTで強力に支援

最新のAIがあなたの健康な身体づくりを支援します

これからの課題点

  • 寿命が伸びてきている高齢者が、寝たきり防止に体に負担のない範囲で行う運動が必要だが体の負担の度合いが人によって変わる
  • 施設で専門家が行うサポートも一人で暮らす高齢者には行き届かず運動に取り組みづらい環境
CASE-02
高齢者にも使いやすいアプリで運動をサポート
一人でも、複数でも楽しみながら運動に取り組むことができる

Case Study

CASE-03

最新のAI✕IoT =
人生を豊かに

健康寿命が伸びたことで、高齢者の自発的な行動をサポート

日々の細かな変化を定量的に把握し、安全に活躍できるように

これからの課題点

  • 高齢者一人一人の身体の状態を把握する時に時間や負担がかかり、放置される可能性が出てくる
  • 働く意欲があり、元気で健康な高齢者が増えるが安全で健康に配慮した労働環境が整備されていない
CASE-03
AIが一人一人を素早く診断し、身体の状態把握が気軽にできる
その人にあった環境整備がAIの定量的データにより実現する

Case Study

AIが、人の代わりを担うのではなく
人が行う作業をより質の高いものへサポートする
高齢者や、高齢者をケアする労働者にゆとりを生み出し
より充実した時間を過ごせるように
その実現の為に、AIとIoTが支援していきます。
シニアパートナー