52Chat

スマートフォンで参加できる、ソーシャルVRコミュニケーションアプリ

仮想空間上でアバターを通したコミニケーションを取ることができる、マルチデバイスで参加できるソーシャルVRアプリ『52Chat』のお絵かき機能で遊ぶデモ動画です。

スマホで遊べるVRなチャットアプリ『52Chat』をVR化するデモです。かわいいキャラクターを自由にクリエイトし、バーチャル空間でコミュニケーションをとることができます。

VRなチャットアプリ『52Chat』リリースしました。

52Chat(ゴジュウニチャット)とは

52Chatは、スマートフォンから参加できるソーシャルVRコミュニケーションアプリです。キャラクター(アバター)をカスタマイズして、仮想空間上にいる世界中のユーザーとおしゃべりしたり、ポーズをとったりお絵かきしたりすることで、さまざまなコミュニケーションをとることが可能です。

52Chat利用風景

コミュニケーション方法、無限大

52Chatでは音声・テキストチャット機能をはじめ、ペンツールでお絵かきをしたり、体や表情を操作してボディランゲージを使ったコミュニケーションをすることもできます。 ルームは鍵をつけることもできるので、仲の良いお友達だけで集まって遊んだりすることも可能です! 世界中の人々とバーチャル空間上でおしゃべりしましょう。

▼テキストチャットイメージ

52chatテキストチャットイメージ

▼ルーム新規作成画面

ルーム新規作成画面

わかりやすいキャラクターメイキング

52Chatで自分の分身となるアバターは、簡単にカスタマイズすることが可能です。
カスタマイズできる箇所は服(18パターン)・顔(3パターン)・髪型(6パターン)の3箇所。髪型の色は自由に変更できます。
自分だけの可愛いアバターを作って遊んでみてください。

キャラクターメイク画面

100円で手軽にVRコミュニケーション

VRモードにすることで、より没入感のあるコミュニケーションが可能です。

現状の主なVRを使ったコミュニケーションツールはハイエンドのPCやHMDが必要であることが多く、誰もが気軽に遊べるとは言い切れない背景があります。

「もっと手軽で気軽にVRの世界に興味を持っていただけたら」ということで、52Chatでは100円均一などで販売されている安価なVRゴーグルでも十分お楽しみいただけます。
また、目の幅や歪みを調整することも可能なため、ユーザーにあった設定でストレスなくVR体験が可能です。

▼VRモード画面:左右のバーを上下させる事でストレスのないVR体験

52Chat VRモード

▼VRゴーグルをつけたイメージ

VRゴーグルをつけたイメージ

52Chatに関連するブログコンテンツ

操作方法や遊び方は?バーチャル世界にスマートフォンで参加できるコミュニケーションアプリ『52Chat』をリリース!

操作方法や遊び方は?バーチャル世界にスマートフォンで参加できるコミュニケーションアプリ『52Chat』をリリース!

スマートフォンからも参加できるVRなChatアプリを目指すアプリ『52Chat(ゴジュウニチャット)』(Android・iOS版)。当製品はバーチャル世界でコミュニケーションできるVRなChatアプリを目指すプロジェクトとして実験的に研究開発しているアプリです。この記事では簡単な52Chatの概要と操作方法を紹介します。

スマートフォンからでも参加可能なソーシャルVRを目指す『52Chat』を開発中!その知られざる名前の由来は?

スマートフォンからでも参加可能なソーシャルVRを目指す『52Chat』を開発中!その知られざる名前の由来は?

以前からTwitterなどで開発デモ動画など紹介させていただいていた『VRチャットルーム(仮)』ですが、名前も『52Chat』と決まり、マルチデバイスで参加可能なソーシャルVRを目指して本格的に開発を進めることになりました。なんですが、サービスの名称とロゴの由来が壮大すぎたのでまとめました。

話題のモーションキャプチャ『PERCEPTION NEURON 2.0』 を購入したので試してみた話

話題のモーションキャプチャ『PERCEPTION NEURON 2.0』 を購入したので試してみた話

2018年2月発売なので結構前になりますが、安価なモーションキャプチャで話題の『PERCEPTION NEURON 2.0』を会社で購入しました。試してみての使用感などまとめてみました。

VRコンテンツで実際に体験した気持ちよく操作できないUIデザイン7選

VRコンテンツで実際に体験した気持ちよく操作できないUIデザイン7選

VRコンテンツで実際に体験した「ちょっと使いにくかったUI」をご紹介することで、反面教師としてVR業界の発展へ貢献できればと思い、社内で一番VRと親和性が高いエンジニアに話を聞いてみました。

【リアルアバター】人間を3Dスキャンして3Dモデルにする方法を調査検討したのでまとめました

【リアルアバター】人間を3Dスキャンして3Dモデルにする方法を調査検討したのでまとめました

リアルアバターをスタジオに行かないで自力で作成する場合、どんな方法が良いのか?VRchatでリアルアバター勢となる目的だけではなく、今後人間の姿で3Dアバターになる機会もありそうかなという事で、調査結果をまとめてみました。

【VRChat】VRは仲良くなりやすくて仕事にも使える?VR内でミーティングをしてみて気づいたこと【リアルアバター】

【VRChat】VRは仲良くなりやすくて仕事にも使える?VR内でミーティングをしてみて気づいたこと【リアルアバター】

株式会社アイ・エム・ジェイのR&Dチームのすまのべ!さんからVRChatでミーティングをやらないかと誘っていただいたので、連絡を初めてとったその日のお昼にVRChatで顔合わせミーティングをしました。その際に思ったことを色々とあげてみました。

バージョン履歴

2019.02.18ver 1.6.0

★追加機能
・VRモード搭載
 ー歪みや、目の幅の調整機能
・ルーム作成機能
・アバター操作各種機能
 ージャンプボタン追加
 ー腰にポイントを追加
 ーアイテムを拾う、持つ、回転させる
 ーエモーションの切り替え(利用するアバターに設定が必要)
・音声&アバターのミュート機能(プレイヤーごと)
・シングルプレイモード(ローカルルーム) ・ペンツール

★変更点
・カメラモード  変更前(ver.1.3まで)→1人称視点、3人称視点
 変更後→1人称視点、3人称視点、1・3人称視点
・音声チャット  変更前(ver.1.3まで)→マイクボタンを押しながら話す
 変更後→マイクボタンでON/OFF切り替え
・キャラクターメイク機能の簡易化

★削除機能
・アニメーション録画機能
・ハンドサイン操作

2019.02.01ver 1.5.0・新しいシステム
・新しいUI
・自作アバター利用可能
・自作マップ利用可能
2018.7.12ver 1.0.0・テキストチャット機能を追加
・ワールドを言語ごとに設置
・ニックネームの表示・非表示切り替え機能を追加
・その他微修正
2018.6.29ver 0.24・「ポーズ機能」改善
・「アニメション作成機能 β版」追加
2018.6.28ver 0.23・Android4.1以上対応
・一部のスマホから人形が見えない不具合を修正
・マイクボタン追加
・部屋追加
・ポーズボタンの不具合を修正
開発・応用事例はこちら