スマートフォンからでも参加可能なソーシャルVRを目指す『52Chat』その知られざる名前の由来は?

シェアする?

52Chateye2

みなさんこんにちは。

ネクストシステム広報担当の田中です。

以前の記事でも少しご紹介させていただきましたが、
皆様はVRChatというものをご存知でしょうか?

2018年の1月ごろから人気バーチャルYouTuberからの配信を皮切りに流行り出した、
VR上でアバターを通して音声チャットなどのコミニケーションをとることができるツールです。

見ての通り、弊社も楽しく遊ばせてもらっていたのですが、一点気になる点が。

それは、参加できるデバイスが限られるということ。

現状、Windowsユーザーに限られ、Macやスマホからは参加することができません。
(方法はありますが通常よりハードル高いです)

私自身家でも会社でもAppleユーザーなので、
VRChatの日進月歩を指を加えてみている日々・・・私も仲間に入りたい!

羨ましそうな田中

私も箒に乗ったり、花見したり、VR内で寝落ちしたい

ということで。
実は以前から『VRチャットルーム(仮)』という仮の名前でTwitterなどで開発デモ動画など紹介させていただいていたんですが、


この度、マルチデバイスで参加可能なソーシャルVRを目指して本格的に開発を進めることになりました。

その名も、

『52Chat(ごじゅうにちゃっと)』!

52Chat

52Chat(ごじゅうにちゃっと)の名前の由来とは?

声高らかにサービス名を叫んではみましたが、ズバリあなたの心の中は、

「52ってどこからきたん?」

という疑問がフツフツと湧き上がってきているのではないでしょうか。

実は『52Chat』には深い意味があったのです。
今回はこの由来を覚えて帰ってくださいませ。

①語呂合わせがすごい

まずはこちら。

ご自由にチャット

いかがでしょうか。

ふりがなに直すことにより、あら不思議。別の意味に見えてきます。

マルチデバイス化を目指すアプリとしてはなかなかしっくりくる語呂合わせじゃないでしょうか。

②変換してもすごい

やっぱり一番よくわからないのは52という数字ですよね。

実は、52という数字には驚きの事実が隠されていたのです。

下記の手順通りに考えてみてください。

①52を一度漢字に直し、『五』と『十二』に分ける。
②『五』はローマ数字に直す。
③『十二』を数字に直す。
④ちょっとひねくれてたあの頃を思い出して『12』をよくみる。

すると・・・?

VRChat

なんということでしょう。

『VRChat』という文字が浮かび上がってくるのです。

ポイントはRの部分です。

12を変形させるとRに見えますよね?Rにしか見えないですよね!(断定)

③計算してもすごい

さらに、私たちは踏み入れてはならない場所に踏み入れてしまいました。

それは、宇宙の真理・・・

お前は何を言ってるんだ状態ですが、ひとまず下の画像をご覧ください。

究極の疑問の答え

『52』という数字に謎(X)を含めた結果、導き出された答えは、

そう・・・『42』という数字。

『・・・いや42だから何?』

という皆様のゴミを見るような目が画面越しに伝わってきそうですが、まだ慌てるような時間じゃありません。
安心してくださいませ。ちゃんと意味があるのです。

SF好きの方ならご存知かもしれませんが、実は42という数字は特別な数字なんです。

というのも、
ダグラス・アダムズ氏の『銀河ヒッチハイクガイド』という作品の中で、
とある宇宙人が『生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え』
を計算するためにスーパーコンピュータを作るのですが、
そこでスーパーコンピュータは750万年かけて『42』という数字を弾き出すというシーンがあるんですね。

つまり、52Chatは究極の答えにも通じる・・・?

52Chat=宇宙

52Chatは宇宙・・・?

なんという壮大な物語・・・(ゴクリ)

ちなみになぜ52に謎(X)を入れたのか、それすらも謎(X)です。

こじつk・・・いえ、素敵な由来ですよね。

ロゴも作りました。

こちらが作成したロゴです。

52という数字が隠れているのはもちろん、ティーパックとウサギが隠れているのですが見つけられますでしょうか。

52Chat_icon

なぜティーパックとウサギなのか。それは、

チャ(茶)ット(兎)だからです。

『ティーパック=お茶=談笑のイメージ』と考えると、
音声チャットを使用して他人とコミニケーションをとることが目的の52Chatにも通じるものがあるのではないでしょうか。

え?うさぎ?・・・うさぎはかわいいからいいじゃないですか。

うさぎ

うさぎかわいいようさぎ

また、実はこのマークを逆向きにすると、とある動物になることにお気づきでしょうか?

そう、フクロウです。

フクロウ

フクロウといえば、某魔法使い映画では郵便のやりとりにフクロウを使っていますね。

メッセージを送る手段として、ここでも52Chatとのつながりを感じます。

もっと言えば、フクロウは秘密結社イルミナティのシンボルだったりもしますが・・・

信じるか信じないかはあなた次第です。

ロゴの説明

余談ですが、このロゴillustlatorではなく、何故かBlenderでつくってたりします。

まとめ

私はこの由来のオンパレードを聞いた時、

スーパーの詰め放題かよ

詰め放題

とおもわず思いましたが、皆様はいかがでしょうか。

しかし、聞いてると愛着でてくるものですね。
むしろこのくらい欲張りの方が、
開発者の気持ちがダイレクトに伝わってちょうどいいのかもしれませんね。多分。

とにかく何が言いたいかといいますと

VR上で誰でもコミニケーションを取れるようにしたい

という『52Chat』における想いが伝われば幸いです。

というわけで。このように割と楽しく緩めに現在絶賛開発中でございます。
もっといろんな方々にVRに気軽に触っていただくことで、VRがもっと人々に身近な存在になればいいですよね。

弊社としては最終的に52Chatで会社説明会や面接までできればいいなと考えてます。

VRで面接と会社説明会

弊社県外から受けに来られる方多いんです

最初は小さく実験的にリリースができればと思っていますので、
今後とも応援いただけましたら幸いです!

行動力の化身がいるネクストシステムへのお問い合わせはこちら!

お問い合わせバナー

■関連記事

最近はやりのVRChatでリアルアバター勢になるために、スタジオにスキャンしにいくのは大変なので何か別の方法でリアルアバター勢になれないか、試行錯誤してみた話をブログにしてみました。
↓お問い合わせはこちらから

トップへ戻る