リアルアバターを作ってVRChatで遊ぶために試行錯誤した話

シェアする?

VRChatアイキャッチ

みなさんこんにちは。

最近ダイエット系の遺伝子検査をやったのですが、
太りやすく、痩せにくく、胃腸も弱く、食事制限だけでは痩せない体質ということがわかった、ネクストシステム広報担当の田中です。

そんな散々な結果はさておき。

突然ですが、VRChatってご存知でしょうか?

PlaystationVR人口が多い日本では、あまり聞きなれない言葉かもしれません。
しかし今世界中でこの『VRChat』というものが大ヒットしています。

スポンサーリンク

VRChatとは?

さて『VRChat』とはなんなのか。
簡単に言いますと、

世界中の人と仮想空間上でアバターを通して音声チャットができるツールです。

↓わかりやすく解説してくれるミライアカリちゃん

PCからでも参加可能ですが、VIVEなどVRヘッドセットなどを使用すると、現実のプレイヤーとアバターの動きが連動するため、よりリアルな感覚が味わえるんです。

VR元年と言われてから2年ほど経ちますが、まだまだVRが日常に溶け込んでいる感はあまりないような気がします。主観ですが。

それが今回VRChatというソーシャルVRのヒットで、一層身近に感じられるようになったのでは。

VRChatでは基本的にアバターを介して音声チャットなどを楽しみます。

アバターはかなりバリエーションがありますが、美少女アバターを使う人も多く、大変に癒される空間でもあります。

ただ、中身はだいたいオッサンですが。(でも超可愛い)

VRChatにじわじわと話題を巻き起こしている勢力がいる?

実は最近このアバターに少し面白い傾向が・・・

それが、

リアルアバター勢。(ドンッ)

火付け役はこの方。

なんとなくお察しいただけたかと思いますが、
現実世界の自分の姿を3Dモデル化することで、VRChatという名の仮想空間の中に入るという試みです。

はじめ聞いたときは、仮想空間の中でも自分の姿を保ち続けることに、

『Oh…クレイジー…』

の二言だったのですが、よく考えればFacebookでも実名登録が普通ですし、案外普通に浸透して将来VR上で営業活動や、会議、会社説明会なんかやってそうですよね。

そんなわけで。
来たる未来が来る前に、私もリアルアバターになって準備して置かなければ!と思ったわけです。

通常のリアルアバターの作り方は?

多くのリアルアバター勢が使っているのはSUPER SCAN STUDIOさんなど、3Dスキャン用の撮影スタジオでスキャンして加工しVRChat内に取り入れる方法です。

無数のカメラに360度囲まれとる・・・

うーん、できれば会社内で完結させたいのですが、ちょっとこの環境を用意するのは難しそうですね。
しかしリアルアバターを作りたいという方も多いのでは。

というわけで、別の方法を色々と試行錯誤してみました。

SUPER SCAN STUDIOは、コミュニケーションの新しい「場所」であり、可能性を探る拠点です。クリエーターやプロデューサーとの対話の場として、3Dスキャンの技術を起点に、様々なカテゴリーにおける実験的な取り組みから、具体的なビジネスのサポートまで、柔軟に活動します。

Kinect v2と3D Scanアプリでスキャン

とりあえず、自分の体を3Dスキャンするぜ!と意気込んだはいいものの。
私自身はしがない広報担当であるため、3Dスキャンの知識はほとんどありません。

そこで先輩に頼ったところ、
あらかじめお家のピカルミン(サーキットベンディングされたおへんじピカチ◯ウ)で一度3Dスキャンを試したことがあるとのことで、一度試してみようか、ということになりました。

※サーキットベンディング…音のなるおもちゃなどを楽器などに改造すること

その方法とはまずはKinect v2を手に持ち、3DScanアプリでグルリとリアルアバターにしたい人をスキャンしていく方法。

そして出来上がったのがこちら。

半分抉れている!!

これではVRで出会った方にネクストシステムの広報担当は右半身が抉れている人だと誤解を与えかねません。

その日は他のお仕事との兼ね合いもあり、一旦終わりました。
しかし、弊社のエンジニアは諦めていませんでした。

次の日。

限りなくナチュラルに「コレに乗ってください」と言い放つ先輩。※イメージです

ナチュラルな先輩

次の日Kinectはブレ軽減のために一脚に固定されていました。
さらにその側には白いテーブルが。

謎の白いテーブルとKinect

このときうっすらと未来の私の姿が脳裏によぎりました。

そしてこの姿である。

知ってた。

表情も動かしてはいけないので、真顔での回転が続きます。
動画ではわからないと思いますが、私の目前にはお仕事を黙々とされている、ほとんどの社員のお姿が眺望できます。

見通しが・・・良すぎるYO!

もう少し人目のないところがよかったです先輩!
時々トイレで席を離脱する人からの視線を全身で浴びつつ、心を無にする私。
そんなシュールな時間を5分くらい続けたところで、スキャンされたのがこちら。

ちょっと足などの先端部分が上手く撮れてないけれど、他の部分は概ね綺麗にとれてますね。
失敗も何回かしましたが、これなら名刺を受け取ってもらえるでしょうか。

スキャン失敗例

これは名刺を受け取ってもらえなさそう

しかしスキャンしただけでは、キャラクターの手足を自由に動かすことはできません。

そう、キャラクター動かすためにはリグというものを入れる必要があるのです。

■リグとは?
骨が入りウェイト付けされたモデルに快適にアニメーションを付けるためのコントローラー、及び特定の動作をさせるために組む機構を指します。

しかし、このリグ。
自分で入れるには筋肉の動きなど色々考えることがあって大変なんですよね。

そこで今回はadobe CCに入っていれば自由に使えるmixamoのオートリギング機能を使ってみました。

■mixamoとは?
3Dキャラクターにアニメーションをつけたりカスタマイズを行うことができるwebサービス

このツールを使うと、モデルをWEB上でアップして簡易的な関節の位置を指定するだけで、簡単にリグを入れることができるのです!すごいに尽きる!

そう、こんな感じに。

そんなこんなでオートリギングを使ってリグ入れが完了し、

「よっしゃ!VRChatに参戦するぞ〜!」
と意気込んだまではよかったのですが、

ポリゴンが多すぎてVRChatに入らないことが判明。

VRChatでアップロードできるのは2万ポリゴンまでに対し、こちらは30万ポリゴン・・・
桁が違います。これは困りました。
ポリゴンを軽量化することもツールを使えば可能ですが、そのツールで限界まで下げてもまだ大きいのです。

一旦次の日に持ち越すことになりました。

一枚の写真からアバターを作ってみる。

次の日、新たなエンジニアがこの挑戦に参戦しました。

「1枚の写真からアバターを作りましょう」

CGも作れる彼は、ささっと簡易的に人の形を作りそのテクスチャとして以前撮影した私の画像を貼り付けました。

ポリゴン数も631って低い。ていうか早い!これなら!

VRChatにリアルアバターで参戦してみた

入れたーーーーーー!!!

やはりリアルアバターは珍しいのか人が集まってきてました。
今リアルアバターになっておけば、モテ期が疑似体験できる・・・?

と思ったのは束の間。

私にもモテ期が到来したのかと思いましたが、「Mother」と連呼されていたので違うことがわかりました。

エプロンが恋しいか、子供達よ・・・

VRChat内の様子

なんかいっぱいきた

また、VRChatでは言語でサーバーが分けられているわけではないため、
いろんな国の方々がしっちゃかめっちゃかしてます。

英会話の練習をするにはとてもいい環境なのでは。

英会話が苦手な方は、
「Do you know the way?」と「I am the Queen」だけ言っとけば、コミニケーションが成立するって会社の人が言ってましたけど本当ですか。※事実未確認

また、エプロン姿の私だと社長に認識してもらえなかったのでデフォルト版も作ってもらうことに。(いつもはボーダーの服をきてる)

まとめ

最終的にスキャンという方法ではなく、
一枚の写真を貼り付ける方法でVRChatの世界に入ることができました。

BlenderなどのCG作成ツールを使えばそこまで難しくなく作れると思います。

ヘッドマウントを買ったはいいものの、セッティングが面倒であまり活用されていないという方が、VRChatによって毎日装着するようになったという事例もありますし、
実際本当に楽しいです。

みなさまもお気にいりのアバターでぜひ試してみてください。

時に、現在VRChatではスマホからの参加ができないんですよね。

スマホからも参加できるようなソーシャルVRがあれば、VRやPCを持っていない方など、より多くのユーザーに楽しんでいただけるのでは。

会社説明会なども催せたりできちゃったりして・・・?

そんなわけで、今開発してみてます。

最近では複数人同じワールドに入って、
スマホ側で移動ができたり、全身が動かせたり、お絵描きできるようになりました。

これからも面白いものを開発していけたらと考えてます。

現場からは以上です。

トレンドを取り入れる早さに定評があるネクストシステムへのお問い合わせはこちら。

AI用バナー

スポンサーリンク

トップへ戻る