見て、触れて、体感しながら学習する、VR教育ソリューション

昨今、VRのビジネス活用が進みつつありますが、
VRはコンテンツを体感しながら実践的に学べるという点で教育分野でも親和性が高いといわれています。
物によっては教科書等の2Dコンテンツで学ぶよりも視覚的にわかりやすく、頭だけで理解するだけでなく、
手を動かして体験してもらうことで習熟度UPが期待できます。

生物のDNAや器官を触れてイメージ学習
1つ目の動画は、細胞の仕組みを体感しながら学べるVRシステムのデモ動画です。
デモでは細胞内の器官の様子を表しており、各器官を持つと名前が表示されます。
細胞核を手にするとDNAの二重螺旋が現れたり、DNAを手に持っていろんな角度から見ることが可能です。

原子モデルを動かしてH2Oの水を作る
2つ目の動画は、水素原子1個+酸素原子2個でH2Oの水ができる、など化学構造式をVR上で学べるVRアプリのデモ動画です。
イメージを自身で体験できるため、頭に内容が入りやすくなります。