自動車の組み立て作業をVRで体感できるシステム

KinectV2でボーン(骨格情報)を認識してアバターを動かし、アバターにOculusのカメラを割り当てたバーチャルリアリティ作業体感システムです。

KinectV2でボーン(骨格情報)を認識してアバターを動かし、アバターにOculusのカメラを割り当てたバーチャルリアリティ作業体感システムです。

Kinect V2で人体の動きを捉えてバーチャル空間内の自身のアバターを動かし、自身の体を動かして実際に作業体験するリアルなバーチャルリアリティ作業体感システムです。HMDを通して自分の分身であるアバターの姿を見ると、あたかもバーチャル空間内に自分の体が実際に存在する“感覚“があります。アバターの手が自分自身の手のように感じる不思議な“感覚“は、Oculus + Kinectで得られる非常に希少なシミュレーション体験の1つです。

また、このデモでは照明にもこだわりました。これによりリアルな臨場感をご体験いただくことが可能です。

さらに、Kinectを使って体のボーン情報(骨格情報)を捉え、バーチャル空間上で作業者の負荷状態やバーチャル空間内での物体への接触状態を可視化しています。このデモでは、干渉チェック(干渉するとボディが赤くなる)や、姿勢による作業負荷のチェックが可能になっています。体を乗り出すような無理な姿勢で作業をすると体への負担が増大するため、視覚化して表示します。Oculus + Kinectを使うことで、作業姿勢の負担チェックなど、図面だけで行う場合に比べて直感的に把握することが可能です。このように、より人間の体への配慮を活かした設計ツールとして最新のバーチャルリアリティ(VR)技術の活用が期待できます。