iKINESYS

医療系非接触閲覧システム

スムーズにCT画像や3次元画像の閲覧が可能な非接触型閲覧システム
施術中の術者自身が機材に触れず、安全で清潔な環境下で時間の短縮を図りスムーズな手術が行うことが可能な非接触型閲覧システムです。

動画実例

iKINESYS 操作風景1

術者(執刀医)が自ら機材に触れずに、MRIやCTのスライス画像や3Dデータをスムーズに閲覧操作できる医療系非接触型閲覧システム「iKINESYS(アイ・キネシス)」です。

iKINESYS 操作風景2

術者(執刀医)が自ら機材に触れずに、MRIやCTのスライス画像や3Dデータをスムーズに閲覧操作できる医療系非接触型閲覧システム「iKINESYS(アイ・キネシス)」のプロモーションムービーです。

これまでの医療の現場において、手術中に情報を閲覧する仕組みとして、外回りの看護師が直接パソコンを操作することで情報の共有を図ったり、また特別な抗菌仕様が施された特殊なシートで保護されたタブレット型端末への タッチ操作による画像閲覧が主とされてきました。しかし、どの方法も、執刀医自身が的確な情報を引き出すことが難しい場合があることや、衛生面の問題が危惧されてきました。

そこで、執刀医が直接、しかも術中にも関わらず全く手を触れずに情報閲覧するためのデバイスが、医療の現場には必要であると考え、当システムを開発するに至りました。

  1. 完全非接触操作による衛生面の向上
    手の動きだけで必要な画像を閲覧可能な完全非接触の閲覧システムのため、衛生面を気にする必要がありません。またオペレーターへの指示出しで執刀医の集中を途切れさせることがなくなります。
  2. 業界初!3D切断画像を完全再現
    当社独自の技術でもある3D切断面の擬似立体表示を実現。手術前または手術中に得た画像情報を3次元構築することで、手術の過程において補助的な役割を果たします。
  3. ダイレクトに3Dデータの取込を実現
    従来は、オザイリクスなどのDICOMビューワ経由で3Dデータを書き出し取り込む必要がありましたが、直接DICOMデータから3Dデータを取り込めるようになりました。
  4. 自然な動作で閲覧できるストレスフリーな操作感
    手を左右に振って、画像を選択、両手を広げたり、縮めることで画像の拡大縮小を行うことが可能です。また腕を前後に動かすことでMRIやCTのスライス画像を連続表示します。直感的な操作で患部を閲覧できます。
  5. 手術時間を短縮し患者の負担を軽減
    執刀医自ら操作を行うため、オペレータへ指示を出したり、執刀医が術野から離れることなく手術を進めることができるため、手術時間の短縮や患者の負担を軽減することが可能です。
  6. 医療現場の様々な画像を利用
    DICOM(非圧縮)、JPEG、PNGの画像形式を簡単に取り込むことが可能です。レントゲン写真から、CTスキャンの画像まで医療現場で使われているデータを変換することなくそのまま取り込んでご利用いただけます。
  7. 検査画像データを簡単設定
    簡単な操作で設定可能な管理システムにより、KINESYS for medical 専用アプリケーションのインストールから、検査画像の取り込み・設定まで、どなたでも簡単に行うことができます。