2021年10月01日 リリース

シリーズ販売累計300本突破!マーカレスで人物の骨格情報を検出できる姿勢推定AIエンジン「VisionPose」

300件突破
 


シリーズ販売累計300本突破!
マーカレスで人物の骨格情報を検出できる姿勢推定AIエンジン「VisionPose」

 

AI、xR(AR/VR/MR)などの最先端システムの研究開発を行う株式会社ネクストシステム(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:藤田 義生)が独自に開発する、姿勢推定AIエンジン「VisionPose®※1」が2018年11月の販売開始から約3年の2021年10月1日をもってシリーズ販売累計300本を突破しました。

▼WEBサイト https://www.next-system.com/visionpose

▼VisionPose プロモーションビデオ

※1 VisionPose、及びVisionPoseロゴは、NEXT-SYSTEM co.,Ltd.の登録商標です。

 

■姿勢推定AIエンジン「VisionPose®(ビジョンポーズ)」とは?

「VisionPose」とはAI技術を活用し専用機器を用いることなくWebカメラ等から人間の骨格情報をリアルタイムに検出できる当社独自開発の姿勢推定AIエンジンです。高精度で3D座標での骨格検出が可能な「Standard」、カメラ1つで3D座標での骨格検出を実現し、スマートフォン上で動作可能な「Single3D」、開発が不要で、より手軽な研究開発用骨格検出プラットフォーム「Nano」の3つを利用用途に合わせて販売しています。

また、体の部位が指定したエリア内に侵入した際にアラート通知が可能な、パナソニックi-PRO製AIネットワークカメラ専用の機能拡張アプリケーション「VPエリア内異常検知アプリケーション」や、一人で作業をしている人物を検出できる「VP一人作業検知アプリケーション」など、近年ではVisionPoseをベースとした新たなサービスを数多く展開しています。

引き続き、当社ではより一層皆さまのお役にたてるよう誠心誠意開発に取り組んでまいります。

▼VPエリア内異常検知アプリケーション

▼VP一人作業検知アプリケーション

 

▼VisionPose活用例
ダンススキル評価アプリ「エイベックス・ストリートダンス検定」(エイベックス・マネジメント株式会社様)
リハビリテーション支援ロボット「ウェルウォークWW-2000」(トヨタ自動車株式会社様)
姿勢推定AIを用いた筋骨格解析に利用(株式会社テラバイト様)
顔認証パッケージソフトウェア NeoFace KAOATO に使用(NECソリューションイノベータ株式会社様)
痛みのでやすい投球動作を閲覧できる人工知能アプリに活用(一般社団法人 Sports Science Laboratory様)
2次元/3次元ビデオ動作解析システムで活用(株式会社Q’sfix )
・フォームチェックや採点補助などスポーツ・フィットネス分野での姿勢解析
・作業者のモニタリング、危険動作検出、動物の異常検知、保育や介護目的での監視
・コンサートの演出、アニメ、3D映像制作効率化などエンタメ分野への応用
・ロボットや遠隔接客用途などの遠隔操作目的

▼VisionPose事例ページ
https://www.next-system.com/visionpose/recent-case

 

■株式会社ネクストシステム 概要

代表者代表取締役社長 藤田 義生
所在地福岡市南区井尻3丁目12番33号
事業内容姿勢推定AIエンジン「VisionPose」の開発・販売
AIによる行動解析、エルゴノミクスシステムの研究開発
xR(AR/VR/MR)などの最先端システムの研究開発
ARサイネージ「Kinesys」の開発・販売
設立2002年8月
WEBサイトhttps://www.next-system.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/nextsystemcom/
Twitter@next_kinesys(https://twitter.com/next_kinesys

 

■本件に関するお問合せ先
株式会社ネクストシステム 広報担当:田中
電話:092-584-0662

開発・応用事例はこちら