2021年04月19日 リリース

パナソニックi-PRO製AIネットワークカメラの機能拡張ソフトウェアとして「VP1人作業検知アプリケーション」をネクストシステムが開発。4月19日より販売開始

VP1人作業検知アプリケーション
 


パナソニックi-PRO製AIネットワークカメラの
機能拡張ソフトウェアとして「VP1人作業検知アプリケーション」を
ネクストシステムが開発。4月19日より販売開始

〜複数名での作業規定がある作業にて1人作業を検出し、予期せぬ事故を防止〜

 

株式会社ネクストシステム(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:藤田 義生、以下「ネクストシステム」)はパナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:尾崎 祥平、以下「i-PRO」)とi-PROカメラアプリケーションパートナーとして提携し、i-PRO製AIネットワークカメラの機能拡張ソフトウェアとして、「VP1人作業検知アプリケーション」※1を開発しました。2021年4月19日(月)よりi-PRO製AIネットワークカメラ3モデルを対象機種として販売を開始します。

本アプリケーションは、製造現場、サーバールーム、薬品工場、金庫、倉庫など、事件事故を防止するために必ず複数名での作業規定があるにも関わらず、1人で作業を行っているケースの検知が可能なため、予期せぬ事故や防犯対策に利用できます。

※1:「VP1人作業検知アプリケーション」をご使用になる場合は、別途WV-XLE001W(AIプロセッサー解除ライセンス)が必要となります。

▼「VP1人作業検知アプリケーション」が搭載可能なi-PRO製AIネットワークカメラフルHD解像度モデル

「VP1人作業検知アプリケーション」が搭載可能なi-PRO製AIネットワークカメラ フルHD解像度モデル

▼VP1人作業検知アプリケーションイメージ

VP1人作業検知アプリケーションイメージ

 

■「VP1人作業検知アプリケーション」のメリット

1.1人作業の検知による事件事故の未然防止
製造現場、サーバールーム、薬品工場、金庫、倉庫など、さまざまな現場において、事件事故を防止するために必ず複数名で行う作業や立ち入りの規定があるにもかかわらず、1人で作業しているケースを、リアルタイムに検知することで、予期せぬ事故や不正など問題発生に陥るケースの回避にご活用できます。

2.i-PRO製監視映像システムとの連携
本アプリケーションが搭載されたi-PRO製AIネットワークカメラと監視映像システムのネットワークディスクレコーダー(WJ-NXシリーズ)をアラーム連携することで、リアルタイムでの異常検知と証拠映像の録画・検索が可能です。さらに、映像監視ソフトウェア(WV-ASM300)を組み合わせることで本部側からの遠隔監視が可能なため、問題発生時に迅速に対応できます。

 
VP1人作業検知構成図

導入イメージ
 

■姿勢推定AIエンジン「VisionPose」について

「VP1人作業検知アプリケーション」における人物の検出技術には、ネクストシステムが独自で開発した姿勢推定AIエンジン「VisionPose(ビジョンポーズ、以下「VisionPose」)」※2を利用しています。

「VisionPose」とは、カメラ映像や画像・動画ファイルから人物の骨格情報を自動検出できる当社独自開発の人工知能エンジンです。さまざまな開発にご活用いただけるSDK形式と、研究用途にご利用いただける機材一体型のパッケージ形式での提供を行っており、現在は大手・中小企業をはじめ、シリーズ累計200社を超える企業にご導入いただいています。(2021年4月時点)

ネクストシステムでは引き続き「VisionPose」の開発を進め、人物検出を伴うさまざまなシステムの基幹技術としてご利用いただくことで、より良い社会作りに貢献していきます。

 

▼VisionPose WEBサイト
URL:https://www.next-system.com/visionpose

▼VP1人作業検知アプリケーション WEBサイト
URL:https://www.next-system.com/visionpose/use/vp-single-person-work

※2:VisionPose、及びVisionPoseロゴは、NEXT-SYSTEM co.,Ltd.の登録商標です。

 

■株式会社ネクストシステム代表取締役社長 藤田のコメント

この度は、i-PRO製AIネットワークカメラに弊社が開発する姿勢推定AIエンジン「VisionPose」を使ったアプリケーションの第一弾である「VP1人作業検知アプリケーション」を搭載して販売することができ、大変嬉しく思っております。AIカメラも現在の顔認識、物体認識から姿勢推定、行動解析などより高度なAI解析が期待されています。この分野において、今後ともi-PRO製AIネットワークカメラ上に弊社のAI技術を駆使した、さまざまなアプリケーションを提供していく予定です。

 

▼VP1人作業検知アプリケーション プロモーションビデオ(日本語版)

▼VP1人作業検知アプリケーション プロモーションビデオ(英語版)

 

■株式会社ネクストシステム 概要

代表者代表取締役社長 藤田 義生
所在地福岡市南区井尻3丁目12番33号
事業内容姿勢推定AIエンジン「VisionPose」の開発・販売
AIによる行動解析、エルゴノミクスシステムの研究開発
xR(AR/VR/MR)などの最先端システムの研究開発
設立2002年8月
WEBサイトhttps://www.next-system.com/
Facebookhttps://www.facebook.com/nextsystemcom/
Twitter@next_kinesys(https://twitter.com/next_kinesys

■パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社 概要

代表者代表取締役社長 尾崎 祥平
所在地福岡市博多区美野島4丁目1番62号
事業内容セキュリティ・医療・産業分野向け機器・モジュールの開発、製造、販売
システムインテグレーション、施工、保守、メンテナンス及びこれらに関するサービスを含む各種ソリューションの提供
設立2019年10月
WEBサイトhttps://ipro.panasonic.com/jp/

■VP1人作業検知アプリケーションに関するお問い合わせ先

株式会社ネクストシステム
i-pro@next-system.com

■本件に関するお問合せ先
株式会社ネクストシステム 広報担当:田中
問い合わせフォーム:https://www.next-system.com/contact/form_other

開発・応用事例はこちら