敵対的学習を用いて、Human Mesh Recovery(HMR)から体型・体重を検出

敵対的学習 (Adversarial Learning)を用いて1枚の画像から人の全身3Dメッシュモデルを再構成するためのフレームワーク「Human Mesh Recovery(HMR)」を利用し、メッシュの形から体型や体重を測定します。

洋服の採寸や、アバター作成、エレベーターなど体重制限のある乗り物への搭乗チェックなど、カメラ映像だけで体の寸法や体重の計測を瞬時に行うことができます。


全身3Dメッシュモデルの応用例

  • 洋服の採寸
  • フィットネスアプリでの体型記録
  • 1枚の画像からアバター作成
  • 姿勢推定
  • エレベーターやジェットコースターなどの搭乗チェック