単調作業に置ける人為的ミスの削減に。人の定型作業を見える化するシステム

ディープラーニング(深層学習/DeepLearning)を使い、人の定型作業を監視し、異常な作業状態を検知します。工場などの定型作業は簡単そうに見えますが、人為的ミスを避けることは難しく、対策が強く望まれていた分野への強力なアプローチになりえます。一方で、当社の類似案件での経験から、イレギュラーが起こりやすく、正常なものを異常として誤検出が起きやすい傾向があると判明しており、精度が重要になるシステムです。当社が今まで培った豊富な知見を元にご支援いたします。

ネックになるのは教師データを準備することですが、ここで必要なデータは定点カメラの動画のみです。分類にかかる時間は、独自ツールを使って5000枚で4時間程です。さらに現在では『マルチノードシステム』という学習を並列化させるシステムを開発しており、さらなる学習時間の削減が望めます。