CGによる教師データ作成ツールの開発で学習を効率化

従来のアノテーション作業は非効率
AI学習の際、教師データ作成のためにアノテーションと呼ばれるラベル付け作業が必須でした。 例えば人の骨格情報を検出する場合の教師データは、様々な環境や姿勢の画像からアノテーション作業を行う必要があり、膨大な数の画像と手作業による入力で、非常にコストが掛かります。

CGで仮想空間を構築、アノテーション作業を自動化
そこで当社は、CG技術で仮想空間に任意の環境・人・物を構築し、そこから得られる情報を元にアノテーション作業を自動化、コストのかかっていた教師データを効率的に作成するツールを開発しました。

ツールに取り込む3Dデータや背景・動きはユーザーが任意に設定が可能な為、例えば仮想的に作り出したランダムな人の行動パターンや、様々な姿勢の教師データを、簡単かつ大量に作成することを可能にしています。

アノテーションとは?
https://www.next-system.com/blog/2018/08/27/post-1758/