ディープラーニング用の教師データ作成方法(手に持った物体の学習)

ディープラーニング(深層学習/DeepLearning)によるWEBカメラを通した教師データ作成風景です。
学習の際は、WEBカメラの前で商品を回転させて学習します。
学習後、WEBカメラに商品を映すと、その商品が何であるかが判別できるようになります。
簡単ですが応用範囲は広く、非常に強力なアプローチです。