2019年11月28日 掲載情報

組み込み開発情報サイト「EIPC」のコラムにAI骨格検出システム「VisionPose」が紹介されました。

EIPCロゴ

組み込み開発に必要な部品や開発パートナーが見つかる組み込み情報サイト「EIPC」のAIコラムにて、WEBカメラだけで骨格情報検出・姿勢推定を行う、AI骨格検出システム「VisionPose」についてご掲載いただきました。EIPC事務局が選ぶ、画像認識系AIソリューションとしてご紹介いただいています。コラム記事は下記URLからご覧ください。

 

▼EIPC事務局が選ぶ、画像認識系AIソリューションのご紹介
https://www.eipc.jp/embedded/ai/20191127/

 

また、VisionPoseシリーズには、大きく分けて以下3つの製品がございます。合わせてご覧ください。
・高精度な骨格解析「VisionPose Standard(SDK)
・スマホへの組み込みも可能。カメラ1つで手軽な2D・3D解析「VisionPose Single3D(SDK)
・研究開発に。面倒なセットアップやインストールの必要なし!ハード込み98,000円「VisionPose Nano(アプリケーション)