52Chat アイキャッチ

52Chat

スマートフォンで参加できる、ソーシャルVRコミュニケーションアプリ

52Chat(ゴジュウニチャット)とは

52Chatは、スマートフォンから参加できるソーシャルVRコミュニケーションアプリです。キャラクター(アバター)をカスタマイズして、仮想空間上にいる世界中のユーザーとおしゃべりしたり、ポーズをとったりお絵かきしたりすることで、さまざまなコミュニケーションをとることが可能です。

52Chat利用風景

コミュニケーション方法、無限大

52Chatでは音声・テキストチャット機能をはじめ、ペンツールでお絵かきをしたり、体や表情を操作してボディランゲージを使ったコミュニケーションをすることもできます。 ルームは鍵をつけることもできるので、仲の良いお友達だけで集まって遊んだりすることも可能です! 世界中の人々とバーチャル空間上でおしゃべりしましょう。

▼テキストチャットイメージ

52chat_image

▼ルーム新規作成画面

ルーム新規作成画面

わかりやすいキャラクターメイキング

52Chatで自分の分身となるアバターは、簡単にカスタマイズすることが可能です。
カスタマイズできる箇所は服(18パターン)・顔(3パターン)・髪型(6パターン)の3箇所。髪型の色は自由に変更できます。

自分だけの可愛いアバターを作って遊んでみてください。

キャラクターメイク画面

100円で手軽にVRコミュニケーション

VRモードにすることで、より没入感のあるコミュニケーションが可能です。

現状の主なVRを使ったコミュニケーションツールはハイエンドのPCやHMDが必要であることが多く、誰もが気軽に遊べるとは言い切れない背景があります。 「もっと手軽で気軽にVRの世界に興味を持っていただけたら」ということで、52Chatでは100円均一などで販売されている安価なVRゴーグルでも十分お楽しみいただけます。
また、目の幅や歪みを調整することも可能なため、ユーザーにあった設定でストレスなくVR体験が可能です。

▼VRモード画面。左右のバーを上下させることでストレスのないVR体験。

52Chat VRモード

▼VRゴーグルをつけたイメージ

VRモード利用風景1

バージョン履歴

2019.02.18ver 1.6.0

★追加機能
・VRモード搭載
 ー歪みや、目の幅の調整機能
・ルーム作成機能
・アバター操作各種機能
 ージャンプボタン追加
 ー腰にポイントを追加
 ーアイテムを拾う、持つ、回転させる
 ーエモーションの切り替え(利用するアバターに設定が必要)
・音声&アバターのミュート機能(プレイヤーごと)
・シングルプレイモード(ローカルルーム) ・ペンツール

★変更点
・カメラモード  変更前(ver.1.3まで)→1人称視点、3人称視点
 変更後→1人称視点、3人称視点、1・3人称視点
・音声チャット  変更前(ver.1.3まで)→マイクボタンを押しながら話す
 変更後→マイクボタンでON/OFF切り替え
・キャラクターメイク機能の簡易化

★削除機能
・アニメーション録画機能
・ハンドサイン操作

2019.02.01ver 1.5.0・新しいシステム
・新しいUI
・自作アバター利用可能
・自作マップ利用可能
2018.7.12ver 1.0.0・テキストチャット機能を追加
・ワールドを言語ごとに設置
・ニックネームの表示・非表示切り替え機能を追加
・その他微修正
2018.6.29ver 0.24・「ポーズ機能」改善
・「アニメション作成機能 β版」追加
2018.6.28ver 0.23・Android4.1以上対応
・一部のスマホから人形が見えない不具合を修正
・マイクボタン追加
・部屋追加
・ポーズボタンの不具合を修正