【2018年】NEXT SYSTEM BLOGでよく読まれた記事まとめ

シェアする?

人気記事まとめ

みなさまこんにちは。
最近焚き火の魅力に気づいてしまった広報担当田中です。

今年のお正月も暇ということが予想されたので焚き火セットを帰省時に持参して、畑でいらない木でも燃やさせてもらおうとした結果、危ないからということで割り箸数本しかもらえませんでした。

親族からの信用がゼロに近いアラサー女です。あけましておめでとうございます。

さて、そんなこんなで2018年も過ぎ去り、ついに平成まで終わる節目の年になりましたが、
ここでNEXT SYSTEM BLOGの2018年を振り返ってみたいと思います。

題して、

2018年の人気記事ランキングベスト10ー!

です。よろしくお願いします。

2018年人気記事ランキング

第1位:【悲報】Kinect(キネクト)が販売終了!Kinect以外に代替案として使えそうな案を考えてみた。

Kinesysセンサーが動かなくなった時の対応

一昨年に引き続き人気だったこちらの記事。
Kinect V2が販売中止になったのは2017年の10月でしたが、現状閲覧数は落ち着いては来たものの、年間で見ると一番閲覧が多かった記事となりました。

人間の体の動きを検出するシステムとしては昨今、ステレオカメラ+深度センサのRealSenseや、DeepLearningを使ったOpenPose、DeepPose、そして弊社のVisionPoseなど新しい製品がいろいろ話題になったこともあって、以前のようにKinect一強みたいな雰囲気はなくなってきたような気がします。

Kinectショックから一年以上経ちましたが、今だにこちらの記事みられてる方も多いということは、やはり比較検討をされてる方が多いのかもしれませんね。

【2018年3月19日追記あり】先日、モーションキャプチャー系の開発会社にとって衝撃的なニュースが舞い込みましたね。そう、Kinectの販売停止!!どこも在庫が一瞬でなくなりましたよね。恐ろしい。しかしなくなってしまったものはしょうがない!そんなわけで、Kinectの次に使えそうな代替案を考えてみました〜!

第2位:深度センサ付きカメラを使わない!WEBカメラと AI(DeepLearning)を使った骨格検出システム『VisionPose®』とは?

visionpose

前項のKinectショックから、Kinectを自社製品にがっつり使っていた弊社が導き出した結論。それは「自社で骨格検出システムを作ってしまおうか!」ということ。

というわけで開発したものがWEBカメラとAI(DeepLearning)で3D解析を行う骨格検出システム「VisionPose(ビジョンポーズ)」となります。

みなさまこんにちは。ネクストシステムの広報担当田中です。昨年10月にKinectの販売中止が決まり、モーションキャプチャー系の開発をしていらっしゃる方には『これが・・・飲まずには・・・いられるかッ・・・』というような重大な打撃を与えたのではないかと思います。

上の記事では開発の背景やVisionPoseのいいところ、口コミなどをまとめていますが、
価格や使用についてはWEBサイトからご確認いただけるとわかりやすいと思います。

■VisionPose WEBページ
https://www.next-system.com/visionpose

第3位:リアルアバターを作ってVRChatで遊ぶために試行錯誤した話

VRChatアイキャッチ

去年爆発的に流行った仮想空間上でコミュニケーションが取れるツール『VRChat』。

このシステムの登場により、たとえ男性であってもバーチャルな美少女の体を得ることで美少女体験ができるようになりました(通称バ美肉)。素敵文化・・・!

他にもVRChat内に会社のオフィスを作ってみたり、面接したり、バーチャルマーケットという名の3DCGの展示会、コンサートを開くなどなど、毎日さまざまな催し物が開かれてます。

そんなVRChatが流行り始めた頃に、時代に乗り遅れまいと自分の姿をバーチャル世界にそのまま送り込むために、いろいろ試行錯誤があったことをまとめた記事です。

弊社の社員もよくVR内で寝落ちするそうですが、VRがもっと身近になったら生活にどんな影響が起こるのか楽しみですよね。

最近はやりのVRChatでリアルアバター勢になるために、スタジオにスキャンしにいくのは大変なので何か別の方法でリアルアバター勢になれないか、試行錯誤してみた話をブログにしてみました。

第4位:YouTubeを使って音声データファイルから自動で文字起こしをする方法が簡単かつ無料でおすすめだった話

ざわざわ

文字起こし一例。メイクの幅広さより好きな食べ物がメイクの方が気になるのは私だけでしょうか。

去年登壇した際のレポートを書くために録音した音声データから自動で文字起こしをする方法をめちゃくちゃ探したんですけど、これが意外と見つからず。

その後ふとした拍子にYouTubeを使う方法を見つけたのですが、パッとこの方法が検索時に出てこなかったので私の方でも再度まとめてみたところ、ここ数ヶ月でメキメキと数字が伸びてます。困ってたの私だけじゃなくてよかったー!

ちなみに音声データの質は結構重要で、すぐ破天荒な文章になります。
実際に音声データから文字起こし文章はブログからご確認ください。

突然ですが、音声データの文字起こしって面倒じゃないですか?音声が入ったデータファイルから自動で文字を起こしてくれるツールを調べてみました。 先日弊社の社員が登壇するイベントがありまして、当日私は会場に行けなかったのですが後日音声データを頂いたんですね。 せっかくだから、これを元に登壇レポート記事を書こう!と思ったんですが音声データから文字を書き起こすの超面倒・・・。音で聴くよりも文章で概要をざっと把握したい派の私は、音源ファイルをぶち込むだけで、簡単に文章として文字を書き起こしてくれるツールが欲しい。ということでYouTubeを利用すると簡単に解決できたのでその方法をまとめておきます。

第5位:【随時更新】Kinectセンサーが認識されない?対処法を現状分かる範囲でまとめてみた

KinectとRealSenseD435比較

弊社のKinectマスターに聞いた、Kinectが認識されない時によくある事例集です。
随時更新と書いてますが投稿して以来更新されてないことは内緒です。Kinectが優秀だからということにしときましょう。

まだまだKinectに根強い人気があることをうかがわせる結果ですね。

このブログを開いたということは、Kinectで何らかのトラブルがあったこととお見受けします。弊社でもMicrosoft社さんのKinect先輩には、常日頃より弊社進化型ARサイネージ『Kinesys(キネシス)』にて大変お世話になっています。そこで、Kinectセンサーが認識されなくなった時の対処法について現状分かる範囲で弊社のエンジニアにまとめてもらいました。

第6位:【VRChat】お仕事にも使える?VRでミーティングをしてみて気づいたこと

VRでMTG

先の文章で書いた「 VRChat」を使って、すこし先の未来に“使えそうな”テクノロジーを発掘し、デジタルマーケティング領域での活用アイデアを研究しているユニット、「すまのべ!」さんと遠隔MTGをVR上でやってみたときの記事です。

VR上でお仕事のご相談を受けた時の気づきとしてはこちら。

先日すまのべ!さんからVRChatでミーティングをやらないかと誘っていただいたので、連絡を初めてとったその日のお昼にVRChatで顔合わせミーティングをしました。 その際に思ったことを色々とあげてみました。

第7位:会社キャラクター(非公式)を作ったら愛着が出たのでAdobe Character Animatorで動かしてみた。

adobecharactoranimatorどっち

技術力ゼロな広報担当が勝手に作った会社キャラクターの絵をAdobe Character Animatorで動かしてみた記事です。

この記事を出した時はVtuberってあんまり流行ってなかったんですけど、今考えればお手軽にVtuberぽいことできるツールなのでまだ意外と読まれてます。
※動きは2次元なので、特ににじさんじさん系の動きを作ることができます。

ヘアセットのセンスが1ミリもないネクストシステムの広報担当、田中です。今日の髪型は外ハネにしてるつもりなんですが、寝癖にしか見えないのはいつものことになります。現時点でシェンロンに頼みたいことは『素直な髪の毛』です。まあそんなことは置いといて。 会社キャラクターっていいですよね。

第8位:操作方法や遊び方は?スマートフォンで参加できるVRなChatアプリを目指す『52Chat』をリリース!

52chat楽しい

簡単に52Chatを説明すると、
バーチャル世界でかわいいキャラクターを作ってコミュニケーションがとれるアプリです。

こちらは実験的なアプリ開発でしたが、特に英語圏のユーザーに人気の模様でEnglishサーバーは未だに人が絶えないですね。

実は第二段も計画中だったり。お楽しみに!

実は以前より開発を進めてました、スマートフォンからも参加できるVRなChatアプリを目指すアプリ『52Chat(ゴジュウニチャット)』(Android・iOS版)をついにリリースしました!その名も、『52Chat(ゴジュウニチャット)』 当製品はバーチャル世界でコミュニケーションできるVRなChatアプリを目指すプロジェクトとして実験的に研究開発しているアプリです。 現段階ではAndroid・iOS版のみのリリースですが、皆様のご反応次第で今後の展開(VR対応、Mac対応、Windows対応など)が決まります!この記事では簡単な52Chatの概要と操作方法を紹介します。

■52Chat WEBページ
https://www.next-system.com/vr/52chat

第9位:【WEBサイト・アプリ編】必読!エンジニアが選ぶ知っておくべき情報源12選

情報源アイキャッチ

IT業界で超重要なスキルって『検索力』だと思うんですよね。
ちょっと事業内容が特殊な部分があるので偏ってるジャンルもあるかもしれませんが参考にどうぞ!

突然ですが、弊社ネクストシステムは9割近くエンジニアで構成されたエンジニア集団なのはご存知でしょうか。実は社長までエンジニア出身なんですよ!弊社では毎朝の朝礼で、1人みんなの前に出てちょっとしたスピーチを行うことになってるんです。 そこで弊社のエンジニアもスピーチするんですが、「えっ!その情報どこで仕入れてくるの?」という耳寄りな情報がわんさか。検索しても出てこないときあるし・・・一体・・・ そんなわけで、弊社のエンジニアに情報源を聞いて回ってみました〜!

第10位:スマホやTHETAで立体的なVR撮影が可能か試してみた!

スマホでVRを取ろうとしてるところ

立体的な360°VRを撮影する場合

右眼用と左眼用のレンズの間隔を、6.5cmの開けて両目一枚ずつ撮影する。

の条件を満たせば一応できるということで、

・スマホ2台で撮る方法

・THETA1台で撮る方法

を試してみました。

結果は・・・ブログからどうぞ。

最近はTHETAなどの360°の写真、画像が手軽に撮れる製品も身近にはなってきたものの、VRが生活に浸透するにはもう少し時間がかかりそうですよね。というわけで!生活に浸透するその前に、「専用のカメラを使わないで立体的なVR撮影が可能なのか?」という疑問を払拭すべく スマホ2台で撮る方法とTHETA1台で撮る方法を2種類試してみました。

まとめ

こちらのブログでは、Kinectが販売中止になったこと、VRChat関連の話題が伸びました。

それに伴い、弊社ではWEBカメラで3D解析を行う骨格検出システム『VisionPose(ビジョンポーズ)』や美少女アバターを作ってバーチャル上でコミュニケーションをとれるスマホアプリ『52Chat(ゴジュウニチャット)』など開発するに至りました。

結構ランキング後半の方は2017年のブログも健闘している感じがしますね。

これからも時代の流れに合わせて柔軟にお役に立てるものを作っていけたらと思います。

現場からは以上です。

↓ネクストシステムWEBサイトはこちらから

トップへ戻る