ESTATE AR

不動産販売活動に先進IT技術ARを活用

建物(マンション、建売住宅等)の購入を考えているお客様に、3次元モデルで建物を立体的に表示し、また見えない部分(建物の内部構造や完成イメージ)も表示可能なため、購入した時のイメージをわかりやすく伝えることができます。

不動産AR(マンションAR)の内容

不動産AR(マンションAR)は、マンションなど不動産カタログやチラシ、不動産写真、平面図などをスマートフォンやカメラ付タブレットでかざすことで、紙面上に建物の3次元立体モデルを表示させることが可能です。

また、モデルルーム内では、柱や壁や床の内部構造をスマートフォンやタブレットをかざして確認することができます。さらに、各部屋の設備状況はエアタグで浮かび上がったアイコンをタップすることでさらに詳しい説明を写真や動画で閲覧することも可能です。
建設予定地では、スマートフォンやタブレットをかざすことで、完成後の3次元立体イメージを1/1(実物大)のスケールで見ることも可能です。

不動産AR(マンションAR)を活用すると、いままで理解し辛かった平面でのイメージを、よりイメージしやすい立体モデルで、お客様に顧客にお見せする事ができるため、販売促進効果が期待できます。
また、壁や床などの内部構造を表示する事もできるなど、お客様に安心してご購入頂くための機能が備わっています。

主な機能

  • マンションカタログ、不動産カタログ、チラシをスマートフォンなどでかざすと3次元立体表示
  • モデルルーム内のAR表示(柱、壁、床の内部構造表示、各部屋の設備表示)
  • 建設予定地に1/1(実物大)スケールで完成物件を3次元立体表示
  • アプリを更新することなく、アプリ内に物件情報を順次追加可能