CATALOG AR

ビジネス販促に先進IT技術ARを活用

電子カタログ連動ARシステム
多数の商品が掲載された電子カタログと連動する電子カタログARシステムです。

電子カタログ連動ARシステムの内容

カメラ付タブレット端末の電子カタログシステムと連動したARシステムです。利用者は、電子カタログで商品検索を行い、その検索結果の一覧からARで表示させたい商品をタップして、ARマーカー(商品メーカーのロゴマークなど)にかざすと、選択した商品のARコンテンツ(3DCGや商品説明ムービー)が表示されます。

ARコンテンツは、ユーザーが検索一覧から商品をタップした段階でクラウド上からダウンロードし、ARマーカーとコンテンツの動的な紐付けを行います。(DLAR:Dynamic Link AR)数千、数万個のARコンテンツを電子カタログと連動して表示させることができるARシステムです。

電子カタログARでは、一つのマーカーに対して複数の原寸大コンテンツを切り替えられる為、マーカーをコンテンツ毎に準備をする必要がありません。そのため、家具などの製品配置確認が非常に簡単かつ適切に配置シミュレートできます。

概要

  • AR種類 :Vision方式 / Location方式
  • 対象機種 :iPad2/新型iPad Androidタブレット(カメラ付)
  • 開発期間 :1ヶ月~
  • カテゴリ :ビジネス(販促支援系)

主な利用シーン

  • マンションでの家具の配置シュミレーション確認(家具カタログ)
  • ビルやマンション、建売住宅などの設計段階での配置シュミレーション(住宅設備カタログ)
  • 料理店などの漆器の盛り付け、利用イメージ(漆器カタログ)
  • 大型電化製品の購入前に自宅への原寸大設置確認(電化製品カタログ)
  • 仏壇の購入前に自宅への原寸大設置確認(仏壇カタログ)
  • 工場内への工作機械の原寸大導入設置確認(工作機械カタログ)