kinect

Kinect開発に関するお問い合わせはこちら

kinect開発実績一覧

Virtual Fashion(仮想試着)

Virtual Fashion 3D/2.5D

ー 近未来型仮想試着システム-

近未来型ファッションへの挑戦

本物のようにフィットする仮想試着が

ここに実現!

近未来SF映画のシーンの中に出てくるような、カメラに写った自分の体に合わせて、デジタルデータで作られた仮想の衣服が自分の体にフィットして実際に服を着たようなリアルな仮想試着(バーチャルフィッティング/バーチャルファッション)が体験できます。

 カメラが利用者(ユーザー)を自動認識して実際に近い自然な試着イメージが確認できるため、新しいファッションへの挑戦や、利用者への提案がより行いやすくなります。

 

■Virtual Fashion(仮想試着) 製品操作デモ1

Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)は、デジタルサイネージなどを利用することで、従来通り鏡に向かって実際の服を試着したイメージと同じように自分の体にフィットした服を着た試着感を簡単に確認することが出来ます。実際の服の3次元のデザインデータを使って、服を脱いだり着たりすることなく、簡単に服の試着ができることで、利用者(ユーザー)はストレスや手間を感じることなく、正面、横、後ろ、斜めなど360度の方向から服の試着イメージ((バーチャルフィッティング)を簡単に確認することができます。
 
 
 

 

■Virtual Fashion(仮想試着) 製品操作デモ2

Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)は、Kinect(新型Kinect)やXtionなどのモーションセンサーカメラを通して人体の動きを認識し、体の動きに合わせて自然な感じで仮想の服を体へフィットして追従しますので、体を曲げるや体を360度回転する、あるいはその場でジャンプしてもしっかりと体に服がフィット(追従)して本物の服のように揺らいで動きます。また、リアルタイムな物理シミュレーションによって重い生地の服、軽い生地の服など重さまでも表現しますので、本当に試着しているかのように確認できます。
 
 

 

■子供向けVirtual Fashion(仮想試着)

お子様が大好きなキャラクターの衣装を着たり、変身ヒーローに変身できたりする子供向けVirtual Fashion(仮想試着)です。
衣装などのコンテンツはランダムに切り変わります。お子様でも分かりやすい動物タイマーがかかり、20秒後(標準設定)に衣装が自動的に外れて、次の子に変わってもらうような工夫も入っています。
お子様に大人気で、イベント会場や常設会場で大きな集客効果が図れます。
 
 
 
 
人間工学に基づくUI/UXデザインのバーチャルファッションシステム「Virtual Fashion 3D」

百貨店やスーパー、衣料専門店などに設置されたデジタルサイネージの前に立つと自動的に扇形メニューが利用者(ユーザー)の頭の上に広がります。このメニュー表示は人間工学に基づき設計されており、身長の高い、低いに関係なくその人の頭の位置を中心として扇形メニューが広がりますので、誰でも無理なく扇形メニューからお気に入りの服を選択して、試着イメージを体験できます。
このVirtual Fashion(仮想試着)は、国内・海外の服飾3Dデザインソフトでデザインされた服の3次元データをそのまま取り込んで試着することは可能です。

また、顔認識エンジンも搭載していますので、試着した利用者(ユーザー)の年齢や性別などのデータを自動的に蓄積することが可能となっています。 蓄積されたデータは、様々な形式のグラフで視覚的に分析表示することが可能になっています。

 

■特徴
1)より現実に近い試着感、自然な動きが表現可能です
Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)は、リアルタイムなクロスシミュレーション機能を搭載しており、布地の重みの違いによる服の動きまでも表現しており、体を回転させた場合のスカートの裾(すそ)が翻(ひるがえ)ったときの感じや、体を曲げたり屈んだりといった体の動作にも自然に追従し、より現実に近い服の試着感が体験できます。また、360度回って、後ろ姿の服の様子も確認することができます。

 

2)データの自動蓄積、ビッグデータに活用可能です
Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)には、顔認識エンジンも搭載しており、試着された利用者(ユーザー)の年齢・性別・選択などのデータを自動蓄積していきます。
この蓄積されたデータと店舗の購買記録を組み合わせて、年齢、性別毎にそれぞれどんな商品に興味を示されまた購入されているかなどを把握することが可能になります。

 

3)吹き出しが飛び出し、商品のワンポイント説明
試着した後に、1.5秒後からその服の素材説明やポケットなどの機能性説明が
各場所を指し示す形で吹き出しとして随時浮かび上がってきます。
これによって、今まで店員さんが行っていた商品の説明を、サイネージ自身が
行ってくれますので、その場に店員さんがいなくて商品の魅力を伝えることが
出来なかったなどの機会損失を無くすことができます。

 

4)業界初 マルチフィッティング試着・・・ビジネスモデル特許出願中!
VF-Kinesysは、業界初となる複数同時試着(標準16着)が可能です。
これにより、試着にかかる時間が短くなり、自分に合った服選びが簡単になります。
また、普段着ないブランド服やデザイン・色も簡単に試着体験できるため、
今まで自分が気付かなかった新たな発見ができます。
お店側は、お客様へ押したい服を提案することが可能になります。

 

5)3次元(3D)および2次元(2D)の服のデータに対応可能
VF-Kinesysは、3Dデータの服のデータ(obj形式、FBX形式)を取り込み、
3次元イメージでの服の試着イメージを体験できます。
また、3Dデータだけでなく、既存の服をカメラで撮影して2次元イメージでの
服の試着も可能です。
2次元イメージの場合は、8方向(標準)からの服の撮影データを準備しておき、
システムにセットしておけば、サイネージの前のお客様の体の角度に合わせて
正面→右斜前→右横→右斜後→後→左斜後→左横→右斜前→正面
と、お客様へ服の試着イメージをお見せすることが可能になります。

 

6)様々なインストラクションに対応
VF-Kinesysは、ただ仮想試着ができるだけのシステムではありません。
サイネージの前に立ったお客様に反応して、様々なインストラクションが
行われます。お客様の顔に反応して、雪や木の葉が舞い、風船や蝶蝶が飛び
吹き出しが表れ、お客様へのメッセージが流れるなど、様々な演出が可能です。
また、画面に触れることなく、手を横にふる動作で画面をスライドさせたり
商品に手を伸ばす操作で、その商品の詳細画面が画面いっぱいに広げて見せる
ことも可能になっています。
 
7)高価な機材は必要ありません
Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)は、特別な機材は必要なく、
一般的なパソコンでの導入が可能です。以下は、推奨パソコンのスペックになります。
 
 ◎推奨パソコンのスペック
  ・画面サイズ :フルHD
  ・OS    : Windows7 64bit , Windows8 64bit
  ・CPU    :Core i7 第三世代(型番3000番台) 2.2GHz 以上
  ・メモリ   :8GB以上
  ・GPU    :NVIDIA GT730以上
  ・USB   :PCI Express接続USBインターフェースボード内蔵
 
 ◎価  格:直接お問い合わせください。(基本システムの販売価格)
       服の3D素材:obj形式の服の3Dデータがあれば利用可能です。
              当社にてハイクオリティな服の3D素材制作も可能です。
              服の制作も含めてお気軽に、ご相談ください。

 

 
 
Virtual Fashion(仮想試着)で、このような問題が解決できます

1)沢山の服の陳列スペースや在庫の問題を解決できます。

Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)は、デジタルサーネージを使って服の紹介や試着を体験できますので、沢山の服の陳列スペースや在庫の問題なども解決できます。在庫切れになった服もVirtual Fashion(仮想試着)で紹介、試着が可能ですので、いつでも商機を逃しません。省スペースで多くの服の紹介や試着体験が可能ですので、小さな店舗でも多くの服の紹介、販売が可能となってきます。

 

2)試着の為の面倒さを解決できます。

Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)は、手軽に気軽に気に入った服や興味のある服の試着が簡単に出来ます。仮想試着ですので、わざわざ今着ている服を脱がなくても大丈夫です。今着ている服を脱がずに気に入った服を試着することが可能です。このため、試着のために試着室に入って今着ている服を脱いで、服を試着するなどの面倒なことはありませんので、試着の効率がぐーんと上がり、その短縮された時間でお客様は別の服をまた試着して頂くなど、さらに販売促進に繋がります。

また、ホテルや結婚式場などでは着物やドレスなどの試着にはとても時間がかかり、多くの商品を紹介ができない、またはお客様が試着できないなどの問題がありました。
Virtual Fashion(仮想試着)は、今着ている服のままで試着が可能ですので、着付けに時間のかかる着物やドレスなどでVirtual Fashion(仮想試着)を利用すると、時間の短縮だけでなく、試着後ドレスのクリーニング代をも減らす効果があります。ホテルや結婚式場などでは高価な服のクリーニング代を減らすだけでも十分な導入効果が得られます。
 

3)服のCADデザインソフトと連携させて斬新なデザインに挑戦できます。

Virtual Fashion(仮想試着:バーチャルフィッティング)は、服の3Dデザインソフトでデザインされた服の3Dデータを試着データとしてそのまま取り込んで試着することが可能になっています。このため、様々な服の斬新なデザインを服飾3Dデザインソフトでデザインして、仮縫いなどの前にVirtual Fashion(仮想試着)を使ってその服の試着感や動きを確認することができます。何度も何度もデザイン→仮想試着を繰り返して、納得のいく服を作っていくことが可能です。

また、その服が実際に店頭に並ぶ前に、事前に半年先の服を「来春の新商品をいち早く店頭で試着体験!」などとして、実際の服が店頭に並ぶ前にいち早くお客様に事前に新製品の告知・体験をして頂くことも可能になります。

この時、Virtual Fashion(仮想試着)に搭載された顔認識機能により、試着体験されたお客様の年齢・性別・選択した服などのマーケティングデータを蓄積して、人気の色やデザインを事前に知ることも可能になってきます。

Virtual Fashion 3Dでは、店内に置いていない服の試着、モデルさんが着ている服の試着、店内のたくさんの服の試着 など、男性 女性問わず一度は考えていた事が、Virtual Fashion 3Dでは実現が出来ます。

 

【導入実績】

「レディキティハウス」の『ドレスタワー』のバーチャルファッションシステム

サンリオピューロランド

 「レディキティハウス」の

   『ドレスタワー』

 サンリオピューロランド(東京都多摩市)に新しく誕生しました「サンリオタウン」内の新アトラクション「レディキティハウス」の『ドレスタワー』にバーチャルファッションシステム(※)を導入しました。

※:バーチャルファッションシステムとは、等身大に映し出された自分の映像にCGで制作された洋服を仮想的に試着することが出来るシステムです。『ドレスタワー』では、キティちゃんのドレスCGを仮想的に試着する事が出来ます。

バーチャルファッションの試着イメージ

VirtualFashion(仮想試着システム)に関するお問い合わせはこちら