3. 中級編 - 0. タブナビゲーション

 FlashLiteではマウス操作に関する機能がありません。マウス操作に比較的似ているタブナビゲーション機能を紹介します。

3- 0- 0. タブナビゲーション機能

上下左右キーを用いて、フォーカスを動かせる機能。
ボタンとテキストフィールドに適応される。
ボタンにフォーカスがあるときに選択キーを押すと、ボタンが押される。
テキストフィールドにフォーカスがあるときに選択キーを押すと、デバイスの汎用テキスト入力ダイアログボックスが開いて、テキストを入力することができる。

3- 0- 1. ナビゲーションのモード(デバイスまたはコンテンツタイプによって異なる)

■2方向ナビゲーション
使用するキー - 上下キー
上キーを押すとフォーカスが左側のオブジェクトへ、下キーを押すとフォーカスが右側のオブジェクトへ移動する。
フォーカスされているオブジェクトの右側にオブジェクトがない場合、下キーを押すと下の左端にあるオブジェクトにフォーカスが移動する。
下にオブジェクトがなかったら一番上の左端にあるオブジェクトへフォーカスが移動する。
フォーカスされているオブジェクトの左側にオブジェクトがない場合、上キーを押すと上の左端にあるオブジェクトにフォーカスが移動する。
上にオブジェクトがなかったら一番下の右端にあるオブジェクトへフォーカスが移動する。


↑を一度クリックし、実際に上下キーを押してみて下さい。
黄色の矩形がオブジェクトに対しどのような動きをするか分かります。
キーボードの上下キーを携帯電話の上下キーに見立てています。


■4方向ナビゲーション
使用するキー - 上下左右キー
上キーを押すと上側の、下キーを押すと下側の、左キーを押すと左側の、右キーを押すと右側の、オブジェクトへフォーカスが移動する。

↑を一度クリックし、実際に上下左右キーを押してみて下さい。
黄色の矩形がオブジェクトに対しどのような動きをするか分かります。
キーボードの上下左右キーを携帯電話の上下左右キーに見立てています。


■折り返し付き4方向ナビゲーション
使用するキー - 上下左右キー
基本的なフォーカスの移動は4方向と同じ。
折り返しは2方向ナビゲーションと同じです。

3- 0- 2. フォーカス矩形

デフォルトは黄色の矩形(長方形)、大きさはボタンのヒット領域かテキストフィールドのサイズに対応します。
非表示にするには_focusRectプロパティをfalseに指定します。
ボタンアクションに「_focusRect = false;」と書き込みます。